最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/5/31

橿原神宮⇒大淀町⇒上北山  旅・レジャー・アウトドア

5/31(土)〜6/1(日)は夫も私も「何も仕事がない!」。
何と久しぶり!

このことに気付いたのが、5/29(木)、
「小旅行をしよう!」ということになった。

急遽ネットで調べたところ、同じ奈良県内の
吉野郡上北山村あたりが良さそう。

露天風呂付きで、アマゴ料理を食べさせてくれる
ホテルかみきたが目にとまった。

お値段は、二人で22,000円(@@; ホンマかいな?!

二人とも大食ではないし、
郷土料理のスタンダードコースを選び、予約した。

5/31の10時過ぎに生駒の家を出発し、100km、
ゆっくり走っても3時間なので、橿原神宮に立ち寄ることにした。

駐車場に車を止め、この大鳥居の前の茶屋で焼うどんを注文。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

料理ができる間、この大鳥居を、どの角度で撮影しようかと
上の空で歩いていたところ、突然、激痛で倒れた。

何と、茶屋の前の歩道と道路の間には、約20cmの段差があったのだ!

そこから落下した私は、激痛で立つこともできない。

驚いた夫に助けられて、茶屋の中に戻り
細長い畳のベンチに腰掛けた。ここからは、こちらに。

うどんを食べた後、少し痛みもやわらぎ、
足首も動くようになったので、せっかくここまで来たのだからと神宮に。

長い参道は猛暑。木陰を進むと、門が見えてきた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ウィキペディアによると、
「日本の初代天皇とされている神武天皇を祀るため、
明治天皇により、明治23年4月2日に創建された」とのこと。

そうか、京都の平安神宮と同様、
明治になってから建てられたものなんや。

門から中に入ると、造りは平安神宮とよく似ていて、広い中庭。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

平安神宮のように派手な色ではなく、落ち着いた木目と
銅板や板で葺いた屋根が美しい。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

伊勢神宮・出雲大社を彷彿とさせる立派な屋根が見える。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

橿原神宮のお正月に毎年掲げられる、干支を描いた大絵馬
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この門をくぐると、広い中庭があり、立派な回廊。
                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

正面に本殿の屋根が見える。ここから先は祈祷料などを支払わないと入れない。
赤ちゃんのお宮参りの姿が見えた。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

暑くてたまらないし、足も痛いので、ゆっくり巡ることなく
帰途に着くと、途中に広大な池。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      美しい睡蓮が咲いている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

人の気配を察知したカメヤコイが、一斉に近寄って来たが
何ももらえないと分かると、他の人の方に泳いで行った。

    それから車で、大淀町の道の駅に向かった。
    道の両側には黄コスモスなどが、鮮やかに咲いている。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここでコーヒーを飲んで休んだ後、夫は野菜や土産物の物色に。
私は立ちあがったものの、痛みで歩けなくなってしまった。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

捻挫の後は「安静・冷却・固定・挙上」。
分かっていながら守らなかったことを深く反省。

伝い歩きでようやく長椅子の所まで行き、座っていると、
ようやく夫は歩けなくなってしまった私に気付いた。

ラッキーにもそこは、吉野の木工細工を売っている店の前。
「きっと杖を売っている」との予想通り、安くて良い杖が手に入った。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

杖を頼りに車まで歩き、あとは車に乗っているだけ。
険しい紀伊山脈を眺めながら、車は一路、上北村へ。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「紀伊山地と四国山脈は、同一線上にならんだ険しい山脈」だと
中学か高校の地理の時間に、学んだ記憶がある。

ほんまに両者とも、険しく、ループまである
急カープを曲がりながら、車は坂道を登っていく。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

上北山村に近づくと、道の両側には、ポツポツと
閉店した喫茶店や土産物屋さんの建物が見える。

「観光客があまり来ないところなんやな〜」と、すぐにわかる。

ホテルの駐車場に着くと、前の川の土手に白い花。
エメラルドグリーンの澄んだ水面と
何とも言えないコントラスト。ウットリ。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

でもこれらは野性の花ではなさそう。種を植えて育てた花みたい。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、きれいな花の撮影をしていると
足の痛みも忘れてしまう。    ホテルかみきたに続く
4
タグ: 奈良 橿原神宮 吉野



2014/6/7  22:33

投稿者:吉野

こんばんは
大淀まで来たのでしたら
我が家によってくだされば良かったのに…。
秋の紅葉も
是非、吉野にお出かけくださいませ。

2014/6/3  15:54

投稿者:片山史江

はい、中2まで羽曳野にいました。近鉄南大阪線が通っていたので橿原神宮に行っていたんです。

2014/6/3  1:40

投稿者:渡部信子

片山さん 大阪に住んでおられたのですか?
橿原神宮に初詣にとはねぇ、
うちの初詣は生駒大社です。

2014/6/2  14:11

投稿者:片山史江

とてもなつかしいです。
大阪に住んでいた頃、毎年初詣に行っていました。大きな絵馬の前で家族写真を撮っていました。

先生、お大事に。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ