最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/6/1

ホテルかみきた  グルメ(外食・中食)

橿原神宮⇒大淀町⇒上北山の続き

我々夫婦は、大台ケ原・天川・十津川には行ったことがあるが、
上北山村にはまだ行ったことがなかった。

それで今回、上北山村を選んだのだが、
温泉も景色も良さそうだし、料理も安くて美味しそうだったため。

上北山と天川の間には、山上ケ岳から南につながる大峰山脈がある。
車で大淀の道の駅から南東に進んだが、山脈の上は大峯奥駈道。
   ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、熊野古道の中で最も険しい道で、
修験道の修行場であり、一般の人が歩けるような道ではない。

   山伏姿の男の人が、崖から逆さづりにされて、
修行しているのを、テレビでご覧になった人も多いと思うが、
   それがこの山で、このあたりである。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

西に大峰山脈、東に大台ケ原と、高い山並みに挟まれた地が上北山村。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
どちらの山も「秘境」という名にふさわしく、強烈なパワースポット。

昔の人が熊野詣をした理由が分かる気がするが、
車のおかげで、捻挫していてもここまで来られる。

路線図がしっかり書いてあるが、車がなかったら
ちょっとやそっとでは、来られる所ではない。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ブランチが軽かったため、ホテルの部屋に入った時にはお腹はペコペコ。

すぐさまお菓子に手を伸ばして爆笑(^0^)
「粟おこし」ならぬ「村おこし」。「ネーミング大賞」受賞はうなづける。
      ↓
 クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
入浴後は夕食。すぐに「熊野古道ビール」という地ビールを注文。

      吉野葛や梅がふんだんに使われていて、
       郷土料理と言えるのは間違いないが、
 京料理というにふさわしいくらいの、手が込んだ洗練された料理。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します
 ↑               ↑
野菜を炊いたのも最高の味。アマゴの姿作りも美味! うーん、何年ぶり?

      天ぷらは、茄子の挟み揚げ
薄切りの茄子の間に、鶏肉とゴボウなどの野菜を挟んである。
 外はサクサク、中はふんわりジューシー。これも最高!
                   ↓
 クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
アユの塩焼き。頭をもいでしまってから、あーっ、写真を撮っていない!
頭を元に戻して撮影。みっともないことになってしまった(>_<)

     緑色のサイコロ状のは、梅果汁を吉野葛で固めたゼリー
                        これもオツ〜((+_+))

          ほとんどの料理をいただいてから、カモ鍋に点火
                           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
    ↑                       ↑
タケノコなどが入った炊き込みご飯、すまし。   漬け物

  デザートも出て来た。ミントの葉っぱが乗っていたのに、
  食べてしまってから撮影。何と色合いの悪いことに。
               ↓
     クリックすると元のサイズで表示します

これで、1泊2食付きで11,000円?! ますます信じられない。

   お客さんは我々以外には70歳くらいの男性が一人。
      つまり女風呂は私専用!

内風呂2槽と、露天風呂1槽があり、お湯がどんどん注ぎ込まれている。
「あぁ、もったいない」と思いつつ、勝手に止めることもできないし。。。

捻挫当日にもかかわらず、露天風呂の中の腰かけ板のところに寝転び、
右足を上げて、涼風で冷やしながら、夕・朝とも一人でノンビリ。

杖をついてやっと浴槽の縁まで歩いて行ったのに、
朝風呂の後は、不思議? 杖がなくても歩けるようになった!

      朝食は、アマゴを開きの焼き物、出し巻き、
     おばんざいの小鉢が5つ、ご飯・みそ汁・漬物。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
    いつもの朝は、コーヒーしか飲まないのに、
   ご飯のおかわりまでして、夫よりたくさん食べた。

ホテルの部屋からもレストランからも、美しく険しい山を眺め、
小鳥のさえずりを聞き、大理石の廊下を歩き、
美しいクラシック音楽を聴き…、何と贅沢な時間。

クリックすると元のサイズで表示します

聞いた話によるとこのホテルは、最初は村立村営だったが、
経営が行き詰まり、第3セクターが引き継いだ。
しかし、これまた経営が行き詰まり、閉鎖されていた。

それが、上北村からの依頼で、
十津川村の「小料理やど山水」の経営者が、経営にあたることになり、
5/26に再々オープンしたばかりだとのこと!

どおりで、お客さんが少ないはず。
もう一人のお客さんは、山水が満員で、こちらを紹介されて来たのだと。

近くには人気の日帰り温泉や、景勝地があるのだが、この足では無理。
ホテルを後にして、大淀の道の駅に向かって、車でひた走った。

      ループの急カーブを下り
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    あちこち土砂崩れの現場を横目に見ながら、
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

吉野川(紀の川上流)がゆったりと流れるところまで帰って来て、ほっ。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大淀の道の駅に寄って、大葉ギボシなどの植物や野菜を購入し、
お昼には早々と、生駒の家に帰り着いた。

生駒の空気も暑い〜。
でも、玄関の戸を開けたら、涼しい空気が足元に流れて来た。
家の中は涼しくて、幸せ〜。
4
タグ: 奈良 上北山



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ