最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/2/28

郡山城内で盆梅展  博物館・美術館・建築など

大和郡山で開催中の、盆梅展の招待券をいただいた。
         ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

3/11までに行ける日は、2/28(土)しかない。

「絶対に行く!」と決めていたのに、
夫は大阪でセミナーの展示。私一人で行くことに。

前の日の晩、小さな新聞記事を示しながら夫は
「明日、寄席と錣山部屋のちゃんこサービスがあると書いてあるで」と。

その記事を見て、「ちゃんこにも行きたい!」と思い、
「盆梅展を午前中に、午後は片塩寄席とちゃんこ」と計画した。

近鉄郡山駅を降りて、少し歩くと郡山城跡。

何年か前に散策したことがあるので、
お堀の周囲を回って、城の入り口に向かった。

お堀の中では、たくさんのカモが、
ぐるぐる輪になって泳いでいる。カモ トルネード!
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

民家の梅も椿も満開。生駒とは違って暖かいんやな〜、
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

城内には奈良県立郡山高校がある。ここが正門っぽい。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

のぼり旗に沿ってあるいて行くと、お城の建物が見えてきた。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

お堀の橋を渡り、さらに進むと追手門
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
     ↑                ↑
    門の右近と左近に、盆梅が飾られている。
     ↓                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

門をくぐると、広い庭。看板に沿って進むと
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

正面の建物の右側が会場の、追手門向櫓・多聞櫓
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     会場の玄関前にも立派な盆梅
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

玄関に入ると、まばゆいばかりの金屏風と、盆梅。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    雅の世界が広がっている。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

盆梅といえば滋賀県の長浜。
もう20年も前になると思うが、
長浜盆梅には2回行ったことがある。

長浜のは、野性的な老巨木が多かったように思うが、
郡山盆梅は、さほど大きくないものが多く、雅。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

苔も美しく、樹皮1枚で生き続け、花を咲かせている木達がみごと!
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   緋毛氈が金屏風に反射し、あでやか。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

紅梅といっても、花の色も形も大きさもいろいろ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
                       濃い桃色の八重咲き
                           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

割れて、しかも二股に分かれて樹皮だけの幹なのに、
花を咲かせている。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
            ノコギリで切られたような木。
            新しい芽が出て、花を咲かせている。

自動シャッターで“自撮り” 1回で上手く撮れた!
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     その奥
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    さらに進むと
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

        ほんまに樹皮1枚!
     ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

倒れて切られた根元から新芽が出たのだろうか?
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「朧月夜」の名にふさわしい花の色。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                                 ↑
       大きく立派なのは「秀長」と名付けられている。

      郡山の城主だったのは豊臣秀吉の弟、秀長。
      「生涯補佐」に徹した秀長は、秀吉からも領民からも
      深く慕われたと伝わっているが、
      この立派な盆梅に名付けられているのを見て、納得できた。

  梅では珍しく、横に広がった花
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こんもりと盛り上がるような豊富な花。立派な幹ならでは。
           ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

         一番奥の部屋
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その一番奥の、向かって左に背の高いしだれ紅梅
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
向って右に最大の盆梅。  その右の薄桃色の花? 撮りたい位置に立てず
白の中に濃い紅の花。    撮影順が不明になり、分からなくなった(-"-; 
          ↓                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その向って右。「大納言」と名付けられている。圧巻!
「大納言」とは「郡山大納言」と呼ばれた秀長のこと。
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そこから出口を出ると、外壁にそって並んで日光浴中?
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

搬入、搬出、開催中の入れ替え…、重くて背の高い盆梅を、
倒さず傷めず移動させるのは、大変な重労働だろう。

もちろん、植え替え、水やりなど、1年中世話してあげないと
盆梅展を続けていくことはできない。

実行委員の皆さま、おおきにm(_ _)m

   春の光がまぶしく、外の梅達も美しい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   城跡の半分は、郡山高校になっている。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私が卒業した石川県立小松高校も、
小松城(蘆城=ろじょう)跡に建っているが、
天守台の石垣以外は、城らしいものは何も残っていない。

もちろん、お堀など全く残っていないが、道を挟んだ城の庭園、
蘆城公園は、今も美しい。
      ↓                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

公園内を歩いて通い、グランドの片隅に建っている
天守台の広場に集った3年間は、私の心の中の宝物。
     ↓                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

郡山高校を卒業した人達も、
きっと、郡山城が心の宝物になっていることだろう。

最近、高校三年生の歌を聞く機会が増え、
そのたびに思い出すのは、天守台や桜並木。

そのたびに胸が熱くなり、「歳とったな〜」と思うが、
同時に、貴重な学ぶ機会に恵まれて来た私なんやから、
「あと20年は頑張る!」とも思う。
4
タグ: 盆梅 郡山 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ