最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2015/4/19

厚手腹巻で大人も“まるまる”体験  おひなまき・おとなまき・マイピーロ

4/19(日)トコ企画主催の、赤ちゃん発達応援セミナー@高輪

    講師の竹内華子先生。私は3/15の京都と同様、事務局として参加
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
受講生は会場いっぱいの18人+生後2か月の赤ちゃん1人
                        ↓   
クリックすると元のサイズで表示します
                  ↑
おひなまきネオモックで、まるまるネンネの赤ちゃんと一緒に
受講生全員で“まるまる”を体験。

3/15の京都までは、バスタオルやスリングなどを使って、
“まるまる”体験をしていたのだが、
4月からは「厚手腹巻で体験してもらおう」ということになった。

それで持ち物が、腹巻き(できれば厚手)と変更し、
ほとんどの受講生が、厚手腹巻で“まるまる”体験をした。

厚手腹巻2枚重ねで、簡単! 気持ち良さげに、すぐにウトウト。
         ↓                ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1枚で下半身を包み、1枚を頭巾のようにかぶってしまう人も!
さらにその上にバスタオルを被せ、
手で持って圧をかけながら、気持ち良さを味わっている人も。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「手で持たなくても良いように、バスタオルの先端をゴムで縛っては?」
と私が言うと「持っていたいんです〜」と。いろんな人がいるもんや。

おひなまきにした赤ちゃんを見て
「こんなに丸めたら苦しんじゃないですか?」と言うママが多い。

そんなママにこの“まるまる”体験をしてもらうと、
あまりの気持ちよさに「そのまま寝てしまうママが多い」と華子先生。

それと、たくさん服を着せておひなまきにすると、
赤ちゃんが暑がることを知ってもらうため。

“まるまる”になると、冷え症の人でもすぐに
全身がポカポカになることが分かる。

“まるまる”体験をしたママは、赤ちゃんの様子を見ながら
気持ち良さそうな表情になるよう、いろいろ工夫して、
おひなまきも、赤ちゃんのお世話も、どんどん上手になるそうな。

私のところに来られるママは、まるまる育児を
「既にしている」とか、「したい」ために来られるので、
“まるまる”体験をしてもらったことがない。

それに、いつまでも寝ていられたら、
仕事が回らないという理由もあるのだが…。

加えて、私自身はS字状彎曲の強い背骨であるためか、
“まるまる”が「気持ちいい」と感じない。

S字状彎曲の弱い〜無い背骨の現代人は、ほぼ全員、
気持ち良いらしいので、厚手腹巻を使って、いつかやってみよう。

厚手腹巻を持っている方は、ぜひやってみてくださいね。
10



2015/4/23  1:09

投稿者:渡部信子

上田さん 厚手腹巻のファンになられましたね〜。
夏でも手離せないという冷え症の女性が多いです。

2015/4/22  8:41

投稿者:上田 幸佳

腹巻でまるまる体験は、赤ちゃんがどれぐらいポカポカしているのかが良くわかりました。セミナー後は厚手腹巻を肩からお腹にかけて着用して寝ています。これだと肩が冷えないですし、授乳で起きた時も身体がポカポカしています。冬場はもちろん、夏場の冷房による冷え防止にもいいなと思いました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ