2014/10/1

10月1日(水)練習報告  

ainagoya@A.saxさんが担当します



************************
〜10:20 個人、パート練習
10:20〜11:20 ようかい体操
レット・イット・ゴー前半
11:20〜11:40 休憩
11:40〜12:30 レット・イット・ゴー後半
童謡メドレー
ドラえもん
ディズニー
ドレミの歌
12:30〜 片付け
************************


ようかい体操
今回は縦のズレが目立っていたため 、伴奏、旋律をそれぞれ抜き出し練習。
伴奏、打楽器メロディを感じながら、各小節の出だしを揃える。
旋律音量はあるので、力まず軽やかに演奏することを心がける。
「ウォチッチ」の部分は捨て吹きをせず丁寧に
「1からの四分音符はマルカートぎみに
「2の三連符は要練習

レット・イット・ゴー前半
どうしても曲が流れないため、こちらも重点的に、伴奏、旋律を取り出して練習。
(最初からCまで )
4フレーズの大きなまとまりを感じて、乗り遅れないように演奏。
裏でのばしているところは、メロディを引っ張ってしまい、遅くなりがちなので注意。
(CからF)
テンポを保つ。特にメロディ遅れがちになる。
(FからG)
Gの四小節前から入るメロディのつながりをスムーズに。

レット・イット・ゴー後半
(GからH)
Gの3小節目やHの3小節前
後から加わるTpやFlが、先に吹いているメロディをよく聴いて合わせて入る
(JからL)
旋律はよりはっきりと吹く

今回の練習では、特に旋律のアーティキュレーションやリズムの見直しなどが課題になったので、次回までに個人で見直しをお願いします

童謡メドレー
(最初からA)
出だし、Tpしっかり揃えて入る。
5小節目、3段階の<を意識して。最初小さくなり過ぎないように
(Cの「2)
Dにつながるように意識して演奏する。

ドラえもん
もっと軽やかに特に八分音符の動きは重くならない

ディズニー
園児が行進しているのを想像しながら楽しく演奏。
吹き慣れているので、早いテンポにならないよう注意。

ドレミの歌
園児とのダンスがあるので、メロディは走っていかないようにする。

次の本番まであと5回の練習です
次回からは、司会や演出も入れて行なって行きます
自分の担当をしっかりと確認しておきましょうね


Fl2 Cl1 Sax4 Tp5 Hr1 Tb2 Euph1 Kb0 Per4
指揮者4(4)

合計20 kids4




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ