2016/1/28

1月27日(水)練習報告  

べこ@Clさんが担当します

〜10:20 個人練習・パート練習
10:20〜11:40 合奏
11:40〜12:00 休憩
12:00〜12:40 合奏
12:40〜 片づけ


【前半】

あいさつもお腹からしっかり声を出しましょう
8拍ロングトーンは、1番下の音をしっかり支えましょう。高温は丸い音のイメージで。
リズム譜は、休んだあとの音のアタックが強くならないようにしましょう。
和声は、ブレスのときにブツっと切れないように。余韻を残すよう意識しましょう。

ドレミのうた
ハイトーンはきれいに柔らかく響かせてください。そのためには、それより上の音を出せるように基礎練習をしていきましょう。下の音もしっかり支えて出せるように練習し、音の幅を広げていきましょう。
テンポが揺らがないよう、しっかり拍におさめましょう。
Aの2小節目のSaxさんHrさん、前の旋律と同じ音量で吹きましょう。
BのFlさんはもっと歌ってください。他の人は旋律を聴きながら支える感じです。
Dの前のアクセントは強くなりすぎないように気を付けてください。
Dの旋律はマルカートで軽快に。リズムセクションずれないように気を付けましょう。
Fの前の裏打ちを合わせ、スタッカートとデクレッシェンドをしっかり表現しましょう。
Fの旋律はメリハリをつけて歌うように吹きましょう。
HのFlさん速いパッセージは拍の頭に遅れないようにしましょう。

時代劇メドレー
Aの2フレーズ目をもっと盛り上げましょう。
Cの旋律は周りをよく聴いてピッチを合わせましょう。フレーズごとの盛り上がりを意識してください。
Fの旋律は、頭の音だけでなくフレーズ全体をしっかり鳴らしましょう。威厳のある音のイメージで。
2回目のFのTpさんの旋律は山を意識してください。
IのClさん走りがちなので気を付けましょう。
最後のアクセントをしっかりつけましょう。


【後半】

未来への展開
出だしが優しすぎます。勢いをつけましょう。
2小節目はフォルテで吹きましょう。伸ばす音をしっかり伸ばしてください。
Cの前、木管さんのメロディーが聞こえませんサウンドは良いのでそのまま大きくしましょう。
Cのアクセントとスタッカートをしっかり表現しましょう。Tpさんすべらないように。
Eは盛り上げておさめることを意識しましょう。
最後の高音は遠くに響かせるように吹きましょう。

ママさんコンチェルト
サンバの木管さんの旋律は2パターンのリズムがあるので、混同しないよう気を付けましょう。


Fl2 Cl4 Sax2 Hr2 Tp5 Tb4 Euph1 Tuba1 Perc2 Kids6




2016/2/2  16:31

投稿者:めんたい@バスクラ

べこさん、ブログ当番お疲れ様でした♪
べこさんにぴったりくっついて帰る時間ばかりが気になっていたMくんが、お母さんから離れて楽しそうに遊んでいるのを見て私も嬉しく思っています😊
IMELキッズはメンバー皆の宝です♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ