2016/2/17

2月14日(日)練習報告  

あかねママ@Clさんが担当します

〜10:15個人・パート練習
10:15〜スケール・和声練習・合奏
11:15〜11: 30休憩
11:30〜12:30後半練習
12:30〜片付け

本番まであと26回と練習場所の黒板に書かれていました。 何とも身の引き締まる思いがします
今日は途中からブー太郎さんが指揮してくださいました。
ブー太郎さんが指導してくださると緊張感が出ますが、そのときだけうまく吹けばいいわけでなく、いつもの演奏でも緊張感を持って望みましょうとのことでした。

スケール・リズム譜・和声
いつも指摘されますが、頭からしっかり音色にしましょう。
ピアノで吹くときはお腹でしっかり支えて音がぶれないようにしましょう。

オーメンズ・オブ・ラブ
Mからのテンポ感が揃いません。
2拍3連がバラバラなので、スラーを取ってきちんと音符を感じられるように練習しましょう。

DoReMi
HのFlは指使いのミスに注意しましょう。
LのClの16分音符はまずはスラーを取って練習しましょう。早い16分はスラーでごまかさないように練習すると音がはっきりするとのことです。
Fの4小節前、低音のつなぎはきちんとつなげられるように。
Lの前低音も、スラーを外してタンギングで練習しましょう。

時代劇スペシャルメドレー
Fの旋律は4拍目が捨吹きにならないようにしましょう。
Iの旋律裏のClも最後の音が捨吹きにならないよう注意しましょう。
Kの旋律の2分音符はピッチに気をつけて、周りの音を聴きましょう。
@カッコに入ったところはアクセントを忘れずに、弱くならないようにしましょう。
5小節目からpですが、その前から弱くなってしまうので注意しましょう。

未来への展開
出だし、細かい音でもピッチに注意しましょう。
A前の16分音符、早くしすぎて自分の首を絞めてしまっているのでテンポ守って吹けるようにしましょう。


Fl3 Cl3 Sax3 Hr2 Tp3 Tb3 Eu1 Tu1 Perc3
ボランティアさん2 キッズ16



2016/2/18  16:32

投稿者:めんたい@バスクラ

あかねママさん、風邪気味の中 ブログ当番お疲れ様でした🍀
「いつもの演奏にも緊張感を」とのお話だったんですね。確かに普段の練習では集中してはいても緊張はしていないです。次の練習では集中とともに緊張にも気を付けてみたいと思います♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ