2016/6/18

6月17日(金)練習報告  

だんきち@Perさんが担当します


  〜10:20  準備
10:20〜11:15 前半練習
11:15〜11:30 休憩
11:30〜12:30 後半練習
12:30〜   片付け

本日練習曲
ドレミのうた
オーメンズ・オブ・ラブ
時代劇スペシャル
祝典行進曲
ポップスフォーバーチャ“未来への展開”
ママさんコンチェルト


皆様練習お疲れさまでした
今日も託児ボランティアさんが来てくださいました
いつも本当にありがとうございます

本日、ブー太郎さんの指揮にての練習になりました
気合いを入れて頑張ります


そして今日は、中日新聞の記者の方が取材に来られました。ドキドキです
カメラ目線にならないように普段通りの練習をしましょう
練習に入る前に、演奏会の本番中の注意事項のお話がありました
また各自確認をお願いします
 
前半練習
ドレミのうた
演出の確認、手遊びの練習をしました
舞台上だと、間違えるとバレてしまうかもです
頭の入りをしっかりと、
早く演奏したいチームとゆっくり演奏したいチームでずれている感じがするとのこと
ダンスがあるので、走らないように
頭のカウントでしっかりテンポを確認しましょう
指揮者との礼を揃えましょう

チューニング

オーメンズ・オブ・ラブ
2拍3連のところを練習しました
私もがんばりますというか、直してこなければです
本番までになんとかがんばりましょう
最初のことから思うとよくなって来ているとのこと


時代劇スペシャル
Tpさんのソロがよかったです
ものすごい緊張感で臨まれたそうです
私たちは、緊張感のもたらすクオリティがすごいようです
いい演奏をしましょうとの
言葉をいただきました



後半練習 
ドレミのうた
ドレミのうたでの写真撮影があるとのことで再び練習になりました
いつもは(かな?)ズレている音があっていたそうです
写真撮影の緊張感のおかげかもということになり、
本番はカメラがいっぱいあります(8台だそうです)ので、よい緊張感があるかな?個人的には、ホールでの演奏会なので緊張感におそわれそうです


祝典行進曲
本番のチューニングについてのお話がありました
合図がないなどいつもと違うらしいです。またご確認くださいませ(チューニングは普段参加しないのですみません)
チューニング音はフォルテで合わせた方がよいそうです。小さい音だと、あとで大きい音の時に合わないことがでてきてしまうようです
最後はゆっくりになります
えらい曲ですが、頑張ってくださいと言っていただきました


未来への展開
曲中アクシデントがあったようで(どのパート?(笑))
ブー太郎さんは、後半ルバートから泣くのを我慢してクライマックスに向けて気持ちを作っていっているのに、しかも、ルバートの出だしがよかったので期待感があった分、かなりのショックを受けられたようです

トロンボーンの和声がきれいとのこと
この鳴りを覚えておいてくださいとのこと
トロンボーンの和声とともにユーフォさんもきれいに入っているそうです
一生懸命練習された成果ですね

ブー太郎さんより、今日はよいサウンドを聴かせてもらってよい気持ちで帰れそうですと言っていただきました
ありがとうございます
励みになります


ママさんコンチェルト
準備の間にそれぞれの曲についてお話がありました

おやつのワルツ
メロディーパートさんの歌い方、リズムパートにあわせすぎないように次の小節に続く感じで
またパート内で聞いてくださいませ
指揮の振り方もみていただくとよいです

ママサンバ
ンパーパパッパー(かな?)の発音お気をつけください
頭と後ろの音をしっかり、軽快に演奏しましょう

おそうじ
タラッタラッひっかける感じで
テンポが変わるので、指揮をしっかり見ましょう

とつぜんのあらし
曲頭、もっと嵐の感じ(うねり感かな)を大きく出してほしいとのこと
それと嵐は一定ではないので、嵐の激しい時と引く時の音の大きくなり小さくなったりをつけるように
(嵐の波、うねりかな?と思って聞いておりました)


いよいよ本番が近くなりました
体調に気をつけてお過ごしくださいませ

ありがとうございました
では、また笑顔に会えますように


Fl5 Cl3 Sax1 Tp4 Hr3 Tb4 Euph1 Tuba1  Kb2 Per2 指揮者4(3)  合計27 キッズ5 託児ボランティア3



2016/6/19  20:52

投稿者:めんたい@バスクラ

ケーブルテレビや新聞に取り上げていただき、
本番が近づいてきた事を違った側面から感じて
います(^_^;)
本番はカメラ8台ですか!?
これまた違う側面からの緊張感が気になるとこ
ろですね( ̄▽ ̄;)
いや、とにかく無心でがんばります( ‘-^ )b

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ