2017/3/3

3月1日(水)練習報告  

いっちゃん@Perさんが担当します

10:25〜11:20
スケール・和声
ドレミのうた
童謡メドレー
11:20〜11:35
休憩
11:35〜12:30
ラデツキー行進曲
インスタントコンサート
世界に一つだけの花

今月から今までの指揮者の方に加え、新しい指揮者の方も指揮することになり、新鮮な合奏でした。でも後半は早退の方もいて、奏者が10人しかいなくなり少し寂しい合奏でもありました。

スケール・和声
ブレスの時、ブレス前の音の余韻を残すことを意識してブレスしましょう。
とくに金管は高音域が苦しそうな音に聞こえるので、喉を締め付けて吹かないように。
低い音では細かい音符がばらつくので気を付けて。
今回の様に奏者が少ないときは音の厚みにばらつきがあるので、少ない音や多い音を考えながら吹けるといいですね。

ドレミのうた
久しぶりの演奏でした。この曲ははっきり元気に明るく吹きましょう。
休符=休憩 ではありません。次の出だしにちゃんと入れるようにしてください。
一番盛り上がる(F)でがちゃがちゃしてしまわないよう、慌てて吹かないように意識しましょう。細かいリズム=速いリズム ではありません。
コーダに入ってからの強弱記号をちゃんと意識して吹きましょう。

童謡メドレー
(K)に入ってからリズム隊はしっかり拍にはめて吹きましょう。私もしっかり指揮を見て音を聞いて頑張ります。
最後の強弱記号を揃えましょう。

ラデツキー行進曲
音が小さいとこはゆっくり、大きいところは苦しくて早くなりがち。小さいところも流れるように演奏しましょう。
(A)〜(B)への盛り上りをもう少しはっきり作りましょう。
1回目のトリオに入る1小節前は遅くならないように。
(F)のリズムとメロディーがマッチするように意識しましょう。
(G)の1番カッコの2、3小節前からクレッシェンドしてください。

インスタントコンサート
音ムラが多いので安定して吹けるようにしましょう。
(179)ディキシーの4小節前からクレッシェンドをしっかりしてください。

世界に一つだけの花
他の人が吹いてる音やメロディーやリズムをしっかり聞いて演奏しましょう。

今日は託児ボランティアさんが一名来てくださり、笑顔でちびっこたちを見守ってくれました。ありがとうございました。あっという間に3月になりもう来月から新年度の始まりですね。春ですね〜。新しい指揮者さんが前に立つと、新学期に新しい先生がやってきたような、、、少しわくわくしちゃいました

Cl.2 Fl.2 Sax.0 Hr.1 Tp.2 Tb.3 Euph.2 Tuba.0 Per.2 キッズ8 ボランティアさん1



2017/3/4  16:29

投稿者:めんたい@クラリネット

新年度到来に先駆けて、IMELも新体制でのスタ
ートですね♪
新学期に新しい先生が来たようなワクワク感、
すごくわかります✨

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ