2019/3/21

3月17日(日)練習報告  

だいご@perさんが担当します

みなさま練習お疲れさまでした
今日も元気なキッズさんがいっぱいです託児ボランティアさんありがとうございます今日も笑顔が素敵です

〜10:20 準備、音出し
10:20〜11:30 前半練習
11:30〜11:45 休憩
11:45〜12:35 後半練習
12:35〜 片付け

本日練習曲
・インスタントコンサート
・式典終曲
・エビカニクス
・ジャパニーズ・グラフィティーW
・運動会コレクション〜吹走楽の為の〜
・ダンシング・ヒーロー
・ヤングマン
・ドレミのうた

前半練習

ロングトーン8拍下降上昇
リズム譜
音階練習
しっかりねらってはっきり音を出すようにしましょう
チューニング
和声
隣の人の音を聴くようにしてみましょう
後ろから2小節目の人は繊細に気を使って入ってきてくださいとのこと

今日は寒くなって吹きにくいかもしれませんが、意識を向こう側に音を届けるように吹きましょう
音のコントロール気をつけましょう

インコン
150から落とすところあげるところをしっかりとダイナミクスをつけましょう

式典終曲
ブー太郎さんより14のトランペットソロについてお話がありました。
トランペット全員立って、最初のパートを吹く方は後ろ向きで吹くということでした。曲の物語の中で一番遠い思い出の表現になるそうです。聴いている方にもドラマがあるのを分かっていただく意味合いもあるとのことです。
曲頭はフォルテで始まります2小節目と3小節目に切れ目を入れます。
16の1小節前の8分音符大切です。
コーダの4分音符、リタルダンドの拍の取り方として、1と2と3と4と、のように8分音符でテンポを取るようにしましょう4分音符でテンポを取るよりも遅れたり早くなったりが防げるとのことです。
7から音量を気をつけましょう。ここでエネルギーを使いすぎないように。
13に「感情豊かに」という指示があるとのこと。パートでどんな感情を込めて演奏をしますか?という問いかけもありました。そしてそこが音楽深いところでもあるというお話でもありました。ブー太郎さんは今はまだ言うのは控えておきますということでした。
前の伸ばしている音は次の音が入る前に切らないように音が重なるようにしましょう前の音を引き継いでバトンを渡す、気持ちをつないでいくことが真に迫っている演奏になり、そして曲の物語としてずーっと長い過去からの回想がつながっていき、それがトランペットの遠い思い出の音へと、全部がつながっているというお話がありました。
16の前、2拍を8分で4つに振っているので自然に遅くなるそうなので、それに合わせて演奏しましょう。
後ろから3小節目の4拍目の裏を切ります(ブレスをする)そしてあらためて最後の2小節に入ります。遠くの方から未来へ向かってワープを表現するということで間を空けるとのことです。
最後の音は大きくなりすぎないようにパァーンと表現しましょう。

エビカニ
強く演奏するところは強く演奏しましょう。

後半練習

ジャパニーズグラフィティ
12/8(8分の12)という拍子でリズムが3連系のリズムでなかなか揃いにくいです。ドラムさんがたたいてますので、タタタのリズムを体に入れて演奏してみましょう
最後のロングトーン気をつけましょう。
リストさんはテンポ等気にしすぎず、プロの歌手のごとく演奏されると良いそうです。
この曲は歌(歌謡曲)なので旋律が消えないように、ビートではなく自分の歌として感情込めて歌う感情で演奏しましょう
転調したあとの音に注意しましょう。
 
運動会
「よーいドン」の音がかわります。

ダンシングヒーロー
最後の所決めましょう

ヤングマン
ラストの進行がかわりましたので気をつけて下さい。(コーダから2小節吹いたら最後の2小節に飛びます)
最後のタタ1つ目が弱いことがあるのでしっかり演奏しましょう(私もですが、自信がないかもです)
 
ダンス隊のみなさまいつもながら素敵です

ドレミ
キッズさんも合わせて練習でしたこれから随時練習していきますとのこと。


本日お休み中の方が正式復団とのことお帰りなさいです
そして新たにOGの方もみえられました。お久しぶりです先日来OGの方々に会えてうれしいというか懐かしいというか…よろしくお願いします

卒業シーズンの中、雪がちらついてびっくりでした
みなさま体調お気をつけくださいませ
そして新しい門出をお迎えのみなさまおめでとうございます
桜の季節が待ち遠しいですね

Fl2 Cl4 Sax3 Tp3 Hr3 Tb2 Euph2 Tuba1 Key1 Per3 指揮者4(3)
託児ボランティアさん1 キッズ20



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ