2011/10/31

大正浪漫  お出かけ

市川真間から国府台辺りのお屋敷町キャッスルに出没してみました。R14から山手の方へ入って行くと道があみだくじのようになっています。迷路は苦手なので地図とにらめっこです。'_';クリックすると元のサイズで表示します        やっと見つけました芳澤ガーデンギャラリー。ハーブ今回は書物など展示してあります。一通り見て廻りましたが、何が書いてあるのかよく分からず早々に退散します。ガーデンギャラリーだけあって手入れの行きとどいたきれいな庭でした。クリックすると元のサイズで表示します        やはりあちこちウロウロしながらたどり着きました、木内ギャラリーです。こちらは大正3年竣工の木内重四郎氏の別宅です。ホームクリックすると元のサイズで表示します        玄関ポーチの柱上部の組みものは神社仏閣建築で見られる枡組の変形のようです。大正時代の近代建築様式(和洋折半)のお手本のような技法です。お見事!拍手クリックすると元のサイズで表示します        玄関のすぐ隣のこの部屋は応接間だそうです。シルクハットクリックすると元のサイズで表示します        ここ書斎ですよ、現代の一般庶民の書斎と云えばほとんど納戸と云ってもいい場所なのに。それにしても素晴らしい部屋です。重厚なドア枠に建具、寄木のフローリングに暖炉の上には風景画が描かれています、天井の格天井は洋風にアレンジされています。     クリックすると元のサイズで表示します        窓から見える部屋はベランダーだそうです。現代ならサンルームとでも云いましょうか。1日見ていても飽きない素晴らしい家です。いいものを見せてもらいました。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ