無題でドキ  



昔々ですが、私が初めての海外旅行で買った記念のバッグですが、

カーフスキンは、子牛の革らしいので牛の革でもすごく柔らかい、それが魅力です。


控えめなこのステッチ、作り手のセンスが光るていうことなのかな?

ですが、ふと気が付くと革全体が色あせしているような気がする・・・

これだけ愛用しても、ルイ・ヴィトン(LouisVuitton)の丈夫さはやはり今でも健在。


ところで、靴底に穴が開いたので、靴底にゴムを貼ってもらう靴底修理ですが、滑り止めにもなって歩きやすいです。


だからバッグ修理をすればよかったのにね。


この革ジャン好きなのに、ついに革が裂けてしまった。
革ジャン革破れ修理をするところを探さねば?

修理店は東京都で革の修理が便利に出来るところがいいな。


革靴の靴磨きは、クリーナーで汚れを落とすのがまず大事なそうな。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ