2011/10/26

ショッピングで最も浪費される確率が高いのが衝動買い  

貯まる人は住居費を始め、食費、水道光熱費、電話代、被服代、日用雑貨費など、ほとんどの項目がたまらない人より低いです。
1ヶ月で1〜2万円は当然であるように車が出ています。
毎日の繰り返すことで5年や経過すれば、実に100万円を越えてしまいます。
その上大きい差が一つあります。
それは住宅購入以外のローンは絶対に組まないことです。
たまる人は借金の利子を支払うことがつまらないことを知っています。
目の前に金がなければ頼ってしまう傾向があるクレジットカードですが、回収支払いやリボ支払いで、識別すれば預金残高が底をつくでしょう。
特に給料がアップしたり、臨時収入が入ってきたり、ボーナスが出てきたりすれば、その金額以上のショッピングをカード支払いにしてしまう傾向があります。
現金で支払うことが惜しいと考えて、償還時にかかる高い利子を想定しないで使ってしまうのです。
明確な貯金計画がない間は、カード支払いは危険だと警戒して使わない方が無難です。
逆に貯金計画になっている人は、カード支払いをしなくなることです。
また、借金がある人はまず完済することが先決です。
貯金と同時に借金を返済するのは、曖昧で中途半端な結果になります。
もし、副業で収入が増えたとしても、使い道を間違えては生かされません。
ショッピングで最も浪費される確率が高いのが衝動買いです。
衝動買いは商品を見ている間に望んで、ストレスを発散するようなショッピングだと考える傾向がありますが、本来は必要がないことであるから、浪費はしないと決めておきましょう。
食品でも無駄な物を買いたい欲求を予防するために、食費の予算を定めておきます。
1回のショッピングでの予算はどの程度で、1ヶ月中のどのタイミングで使うのかを想定しておきます。
また、冷蔵庫残ったのをチェックしてから、何日分生きるということなのかを定めてから行きます。
予算決めることで想定購入の2個は、厳格に実践しなくても、しようでする気分ことだけで食品選定に変化が現れて、少しずつ節約することができるようになります。
より一層冷蔵庫に食品材料がない日でも、ショッピングしに行く前に冷凍庫の残り物までチェックして、冷凍庫の回転も良くすれば、より食費が残るものですね。
食べたいものを食べたいものは分かりますが、グッと我慢して満腹になれば、その欲求もいくらぐらいは落ち着くのです。
お小遣いStability
内職OEM
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ