2011/9/14

「特殊清掃」のビジネス  

この頃急増していると話すようになる老人の孤独死。
加えて2010年まで13年連続で3万人超過と上位維持している自殺者数…….
しかし、この直視しにくい社会的悲劇もが、
経済的需要を作り出すことが資本主義システムだ。
このような事故現場のクリーニングを専門的に自ら扱うビジネス
「特殊清掃」がメディア等で話題に上がることが多くなってきた。
どんな特殊清掃会社のスタッフ・常岡氏(仮名・25才)が話す。
「初めには辛くて物事にならなかったです。
今はことは確実にしますが、辛いのは変わりない。
ある腐りに孤独死や自殺といっても状況や背景は様々であるから、
慣れるということがありません」
 彼の収入は月に30万円前後、現在は正社員として仕事をする。
「社会的に必要になっているというプライドや、
仲間らとの連帯感がなければ続かれないことです。
自分としては、余暇でするのではないと考えます」
遺品整理や現場清掃が表式
 それでも、先ずはこのことにトライしてみたいという人には
、いわゆる「便利屋」でバイトするという道がある。
チラシのポスティングから夜逃げの助けまで、
様々の仕事を請けるようになる「なんでも屋」にも特殊清掃の依頼が増えている。
どんな業者は、「特殊清掃のようなことは、
それこそ『何でもする』という人材を確保しておかなければ受けることができません。
とにかく現場は臭いが激しい。風呂に2度入ったと、
落ちたことかではないのか気にかかるほどだから。
その代わり、特殊清掃の現場中心にバイトをしている若者の中には、
月に60万〜70万円程度儲けている人もいます」.
付け加えようとするなら、
求人項目には「遺留品整理」「現場清掃」と書かれていることが多いという。

在宅ワークicom-お家で簡単アルバイト情報
副収入の達人が教える100の法則
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ