港市日記

「みなといち」です。趣味のバイクを中心に、南カリフォルニア生活の日常を綴ります。

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:二兎を追う男
たらし さん
------
外側の蓋は、手で外せるのですか?

内部がCクリップであれば、FoxShoxと同じですね。私のには付いてませんでしたが、FoxShoxも本当は外側に蓋があるようです。

ということで、きっと分解式なのでしょうね。
投稿者:たらし
二兎さん。

自分の思うシールキャップは、一番外側の蓋ですが、圧力は受けていません。

その内側にcクリップみたいなもので、別の隔壁が止められています。

自分の感覚では非分解式ですが、もしかしたら分解式でしょうか。
投稿者:二兎を追う男
たらし さん
------
シールキャップも圧入ですか。
それで分解出来るのですねえ・・

最近のモノショックのバイクは、純正でも分解可能なんですかね? 旧車は大抵が分解不可ですもんねえ・・
私の旧車群の中では、唯一GL1100だけです。
投稿者:たらし
二兎さん。

そういえばTYSショックのことをお伝えしていませんでしたね。
確認したわけではないのですが、シールキャップは圧入だと思います。
溶接やカシメではないと思います。

別のお店ではショックの外筒にネジを切ってキャップを新造というのも見ましたが、自分のはそこまではしていません。

分解はなんとか可能だが、ガスを再封入できないのでo/h不可能なところを、バルブを新設して可能にした感じです。
安価な単車でも、フロントフォークはメンテナンス可能だと思いますが、どうしてリアは交換を前提としているのか不思議です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ