港市日記

「みなといち」です。趣味のバイクを中心に、南カリフォルニア生活の日常を綴ります。

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:二兎を追う男
歯いた さん
-------
多分そうなっていると思いますが、後学のため、分解して調べてみてください。(笑)

投稿者:歯いた
目からウロコ!
何十枚もついているのですぐ落ちます。あはは!
そうじゃないと体重支えられないですもんね。
バサバサ!
落ちました♪
投稿者:二兎を追う男
歯いた さん
------
なるほど。

そうですよね、車の内装って当たっても痛くない、柔らかなあれでしたね。

廃車まで乗るのなら、その柔らかな内装に穴を開ければ、硬いボディーに達するでしょうが。

取っ手はおそらくボディーにもう1枚パネルが溶接してあって、それに穴が開いていて、そこにネジ留めされているのでしょう。
投稿者:歯いた
樹脂は後部の一部だけらしく、それ以外の全体的な内装は押せばうにゃっと動く何かです。
荷物のなかにある形状が輸送物のかたちになっている緩衝材のような触り心地。
固定出来なさそうです。
でも、捕まるための取っ手はある。
それはもともとボディから成型されてる?

車は廃車するまで乗る予定なので穴とかリベットとか問題ないんです。笑
投稿者:二兎を追う男
歯いた さん
------
一部は内装がなくボディーのパネルだけ、ということですか? それで穴を開けると外に突き抜けてしまう?

であれば、接着ですかねえ。金属同士でエポキシなら結構強度も出るし。

リベットは結構便利ですよ。中華なら値段も手頃ですし。(笑)

そうだ、リベットなら付き抜けても大丈夫ですけど、ボディ外側に頭が見えてしまうので、車を売る時に価値が下がりますかね。
投稿者:歯いた
bBは樹脂のところが一部分らしい…。
何より車的に無理ですね。
でもフックを付けるとかはありかも。
リベットは打ったことないです。
そのうちDIYで見てきましょう。

イメージと現実はなかなかつながらない私です。
投稿者:二兎を追う男
歯いた さん
-------
私のE150の場合、ハイルーフに改造してありますので、参考にならないかもしれません。

ハイルーフは外側がグラスファイバー、内側が樹脂で、間には断熱用のグラスウールが入っています。隙間は充分あるみたいですね。

まあ、でも、普通の車の場合でも、木ネジが入るくらいの隙間はあのでは? もしボディに当たってしまうようなら、リベット留めにすればいいと思います。その方が強度もあるでしょう。
 
投稿者:歯いた
内装壁とボディの間に木ねじを入れられるほど空隙があるってことですか?
それは私の車にもあるんでしょうか?
木ねじで解決できるなら棚付けたいです。
シュラフが載るってことは思いのほか丈夫…かもです。
投稿者:二兎を追う男
歯いた さん
------
ただいま帰りました。
棚はやっぱり重宝しましたよ!
着替えなんかを適当に放り込むのに最適。(笑)

取り付けですが、内装の天井は樹脂製なので、単に木ネジをねじ込んだだけです。なのであまり重いものは載せられません。衣類、寝袋なんかになるでしょう。

投稿者:歯いた
いいですね、棚。
いつも考えるんですけど、車のボディにどうやってフックを付けるんですか?
かえってきたら教えてください。

行ってらっしゃ〜い♪
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ