港市日記

「みなといち」です。趣味のバイクを中心に、南カリフォルニア生活の日常を綴ります。

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:二兎を追う男
ちゃま さん
-------
なるほど、4ストでもスプリングあるんですね。

整備性は確かに上がりますが、でも作業時間の差は10分もないでしょうから、レース前の公式練習とかで頻繁に交換するのでなければ意味がない気がするのです。

ということで、ググってみました。(笑)

2ストの方が振動や熱変化が大きいので、ボルト固定するとエキパイに負担が掛かり割れたりするのだと。確かにバネなら動くから吸収できますよね。

あとやっぱりボルトよりは整備性がいい(特にエキパイが熱くなってる時なんか)、だそうです。

まあ、ググった情報が正しいとは限りませんが、やはりスプリングは2ストのレーサーで主に使われる感じですかね。
投稿者:ちゃま
どうですかねぇ〜?
ワークスは形状の違うチャンバーはありそうですがね。
おそらく、ただ単に整備性を考えてだと思いますよ。
スプリングを外すだけでとれるのは楽ですからね!

GSX-Rのマフラー、最近のモデルはスプリングだった気がします。
85のは ボルトで固定ですけどね!

まぁー、スプリングにすることによって ガスケットもムダにならないのでいいのでは?と思います
投稿者:二兎を追う男
ちゃま さん
-------
ひょっとして2ストのモトクロッサーって、形状が微妙に違うチャンバーが沢山あって、プロのレーサーはコースごとに換えてチューニングしたりしてたんですかねえ。

最近の4ストのモトクロッサーはバネではなくてボルト固定だと思うので、2スト固有としか考えられません。

まさか、ヨシムラのGSXR用の集合管ってバネ固定ですか? 以前乗っていたCB750のKerkerの集合管は普通にボルト固定でした。

投稿者:ちゃま
そうですね〜
社外に交換すると フランジがついて来て スプリングで固定になりますからね〜
おそらく、製造するのと取り外しが楽なようにだと思いますけどね!

ノーマルの場合 基本、整備はやらないを前提 作られてるかと思います
投稿者:二兎を追う男
ちゃま さん
--------
なるほど〜

SRはボルト固定なんですね。
IT175もバネなので、2ストはそうなのかなと思っていたんですが、そういえばブリジストンのBS200はボルトでした。

競技車でも4ストのXRとかCRFとかはボルトだし・・
2ストの競技車のみバネ固定?

投稿者:ちゃま
メンテのメの字もないと 貼り付きます…
動いたのであれば問題ないですね!

SRと違いますね!
SRは良くある スタットボルトにナットで固定するタイプのフランジですよ!
投稿者:二兎を追う男
ちゃま さん
-------
貼り付いたりするんですか!
触ったら動きましたので、一応は大丈夫みたいです。
次回砂漠には圧力ゲージも持って行って、ヘッドの圧縮も測ってみます。

KDXのSRはエキパイの固定方法が違うんですか?
投稿者:ちゃま
おぉー!
やってますね! KIPSは貼り付いてなさそうですね!
そられから やはりレーサーですね!
KX125と同じ方式ですね!
投稿者:二兎を追う男
ブラリーマン さん
----------
私も初めてです。

排気で相当高温になりそうなのに、ゴムで大丈夫なんですね。

メインは銅です。新品は筒状に折り曲げてありOリングみたいな断面です。古い方は平板のワッシャーに見えます。潰れてこうなったのか、元々平板だったのか・・・
投稿者:ブラリーマン
EXパイプにOリングをはめ込むタイプ、こんなの初めて見ましたよ。
メインは、おそらく銅ワッシャでですよね?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ