港市日記

「みなといち」です。趣味のバイクを中心に、南カリフォルニア生活の日常を綴ります。

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:二兎を追う男
黒ウサギ さん
---------
おお!
ロシア文字変換、有難うございます。
流石、ご存知だったんですね。(笑)

私はなんか、あのブリャーの響きが好きになりました。今度車を運転したら使ってみようかな♪
投稿者:黒ウサギ
私もこの手の動画をよく見ますが、ロシア人って譲り合いってものがないんだべか?と常々思いますよ。

しかしまあ、アメリカは『娼婦の息子』って罵りますが、ロシアはблядь(ブリァーチ・短く言ってブリャー)『売春婦』って罵ります。
国が変わっても同じだなぁ〜って思いましたね。
ちなみにPCでロシア語変換するの初めてやりました(笑)
投稿者:二兎を追う男
歯いた さん
-------
YouTubeのコメントにも、同じ疑問が投げかけられています。
当然思いますよねえ。(笑)

それに対する回答によれば:

法律はあるけど、警官を簡単に買収できるから・・
免許はあるけど、金出せば買えるから・・
みんなウォッカを飲んで運転してるんだろう・・

だそうです。ロシア人の回答では無さそうなので偏見も入り真偽は不明ですが。

それにしても、大きな交差点なのに信号がなくて曲がる車はどんどん出るし、直進車は減速しないし・・
全般にスピード出し過ぎ。

ちなみに、叫んでいるのは「Blyat」みたいです。日本語だと、クソ、とかかな。思わず笑ってしまう・・ 非ロシア人には滑稽な響き。
投稿者:歯いた
法律はあるのか?
免許制度は?
雪があっても無くてもおんなじ。
無事の走行は奇跡ですね〜。
あ、酒を飲んでいるのか!
と納得。笑
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ