港市日記

「みなといち」です。趣味のバイクを中心に、南カリフォルニア生活の日常を綴ります。
ホームページはこちら http://nitowoouotoko.web.fc2.com

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:二兎を追う男
よう さん
----
すいません。コメント見落としてました。
水槽には比重計を入れていて、これで塩の濃度を調節しています。我が家の場合、海水を取ってくるのは大変なので、濃度が低い場合は熱帯魚屋で売っている海水の元(=塩)を入れます。通常は蒸発した分、薬品で塩素その他を処理した水道水の補給ですね。

投稿者:よう
海水魚飼ってた事あります。一番死ぬ原因は、海水の濃度が水が蒸発して濃くなることでした。
減ったので海まで、海水を汲みに行って足した翌日から大量死とか・・・・
考えてみたら蒸発したぶん塩度が濃くなるんだから、海水足したら、しょっぱくなるの当然でした。
真水の塩素を抜いた水を減った分だけ足せばよかったのです。
参考にならないかもしれませんが・・・。
投稿者:二兎を追う男
kirari さん
----
この水槽に居る魚は、この1匹になってしまいました。

異変の直前で変わったことといえば:

*子供が一日3回も餌をやっていた(それまでは2〜3日に1回の頻度)
*フィルターから水が漏れてそれがコンセントにかかり、ショートして異臭がした(塩素ガス?)
*そのため、水槽の位置を少し横に移動させ、フィルターもちょっと動かした(フィルターの下は魚の隠れ場所だった)

たらしさんのお話では、餌のあげ過ぎが関係あるかもしれないですね。

NO3は魚が排泄するアンモニア(NH3)がバクテリアに分解されて生成される物質です。
NH3->NO2->NO3の順で、NH3やNO2より毒性は少ないようなのですが、それでも溜まると良くないとのことです。試薬はNH3とNO2のしか持っていません。NO3は植物があれば吸収して生長に使われ、窒素のサイクルが完成するのですが、水槽には現在、植物がほとんどありません。海藻類は巻貝に食べられて屑がフィルターに詰まるのであまり入れたくないのです。

投稿者:kirari
昨日は、コメできなかったのですが
夏に見る水槽画像は、涼を感じられていいですね。
変な行動(動き)をするのは、何か異変が生じてるのでしょうね。
ところで、NO3って、なんでしたっけ?
以前、話に出たような気が・・・(汗)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ