2018/9/15  14:03 | 投稿者: モンデンモモ

『Luna Parc』秋待ちライゔ  から少し月日が過ぎました
  まっていた秋も ものすごいスピードでやってきました


 稲田姫物語を創って かなり年月がたちました
  出雲神話のことをほとんど知らない私が メロディーが降ってくるままに創っていった作品です
  いろいろなヴァージョンで上演しているので 造りたしていった楽曲は多分 50近いはずです
  (整頓仕切れていません)時に三時間を超えるミュージカル上演になっています

 
   いつか 出雲神楽とコラボ上演をすることをこころで決めていました
   伝統芸能に着手することなどなかなか許されることではありません
   無知なわたしでもわかります

 でもご縁をたくさんいただき
 この日の上演にたどり着くことができました

 モンデンモモの楽曲を 唄い手として 東京 出雲 ウィーンを拠点に文化発信していく
 そんな、歌い出しからの構想をいよいよ現実化していく
 『新MOMO-project」を立ち上げる大切なコンサートです

   出雲から世界へ  まず第一歩は『稲田姫物語』です

   奥出雲神代神楽社中の皆様が 駆けつけてくださり
   この奇跡は現実となりました

   前日のリハーサル 当日のリハーサルだけで本番を迎えられたこと
   まさに神様のお力でしかありません


  出演は、UTA そのものである わたしモンデンモモ
  そして ひと である 舞の増田真也
   わたしは言葉とメロディーで人々の脳裏にあらゆるものでありえます
   そして ひとは 太古の昔からいまにつながる 連綿とした 『ひとの歴史』です

 舞台に、四方舞をしてこの舞台を神に届けるスサノオがあらわれます
   クリックすると元のサイズで表示します

UTAであるわたしが、神とひとをつなぎ この 物語を唄い語り始めます
  国生みの歌

   全編をつなぐこのメロディーは、1995年の夏に舞い降りたテーマ
   その後いろんな場面を運んできます クリックすると元のサイズで表示します

   そして神は、ひとに この世に 『愛』を授けるようにと伝え去っていきます
クリックすると元のサイズで表示します

  そして 出雲こそ!『国のまほろば』なのだと
  この国ひいて造った神々 そして 人々に愛と勇気の象徴である『稲田姫』があらわれますクリックすると元のサイズで表示します

 ひとは、太古の昔から 命と共に 鐡を創り続けてきました
  奥出雲八重垣の歌と共に そのなひとが鐡を造り舞いますクリックすると元のサイズで表示します

 遠きバビロン王国より鐡の民が渡来し 人々の命を奪った
 戦いの耐えない人々の涙
 人々の本当の『愛』は全てを癒す涙となる
 黎明は夜が生み出す が流れ 
 人々の悲しみをオロチが取り巻くクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そして圧巻のオロチ退治のシーンとなり
オロチの頭とともに 平和の口上クリックすると元のサイズで表示します src="/momoiku/timg/middle_1536990049.jpg" border="0">

涙とともに訪れた平和『涙のブルーバード』『あなたのために鐘はなりひびく』そして
 国譲りの舞
『古代への旅』で
ひとが 埋められた銅鐸を取り出し 肩越しの稲穂を歌う歌です

 平和のために『銅鐸』を埋めましょうと 稲田姫に語ってもらった 稲田姫初演
 その年の 神在月に 銅鐸はこの世に再び現れたのでした

    なぜ!出雲か

  東京生まれのわたくしには ほんとに不思議なことばかり

  でも、歌が教えてくれています

 出雲から そしてウィーンに!
 歌を始めた時に

 いつかウィーンで歌うんだよ!
 
 これも、歌の先生が高校生のわたしにおっしゃった
 言葉です

 今年もすごい 夏でした
0

2018/8/15  4:09 | 投稿者: モンデンモモ

ウィーンの夏の夜がようやくくれて行く
風は爽やかに バッハの音色を彩る
iPhoneから流れる音が心地よいのは 今だから
ここではモーツァルト三昧にすべきかもしれない

『日常 』

これこそ一番愛する言葉

久々の安らぎがわたしを包む

クリムトの絵の前に立ち
世の中を騒がせたこの人の言葉も作品もいまや日常なのだと
そうそうと頷きながら
わたしの脳裏はクリックすると元のサイズで表示します

ロバのしっぽでなにがいけないのか

ふっと笑いがこみ上げる

選ぶ

自分の時間をえらぶ
人生を 命を

なんだか心地よい

ふと気がつくとはっきり歩みだした

クリックすると元のサイズで表示します
2

2018/4/14  8:30 | 投稿者: MOMO MONDEN

来る 5月3日に 賣豆紀(めづき)神社にて奉納演奏をさせていただきます

 主祭神はシタテルヒメノミコト(下照比売命)です。オオクニヌシノミコトの娘で、光り輝くほど美しい女神様。
境内には子宝に恵まれる「子宝いぬ」、病気平癒のご利益がある「四頭獅子灯篭」など、色々なパワースポットがあり、とても楽しい神社です。

 松江八重垣神社の禰宜さまからご紹介でお目にかからせていただいた賣豆紀神社さま
 松江の雑賀町の住宅街の中にあって、人々とともにいらっしゃいます
 皆様が大事に大事になさっている神社です

 宮司さまは谷本敏様

クリックすると元のサイズで表示します

素敵な本殿です

クリックすると元のサイズで表示します

谷本宮司さまは、わたくしのライブを聴いてくださって今回の運びになりました
昔、ラメールのわたくしのミュージカルもご覧いただいたそうです
 ちょうど今年上演の『ありのままとウキウキ』だったようですよ
 ここにも 『ありうき効果』が

 とても話も楽しくて

こんなお話をお聞きしました

からお話を伺いました。

こちらの神社は神在月に佐太神社へ全国の神様が集われたあと、帰りに立ち寄り直会(なおらい:宴会のこと)をする神社、神在祭より遅く(例えば去年なら12月9日)神等去出祭(からさで)をして神様をお送りするそうです
 
 『お立ち〜〜』

谷本宮司さまは 神様もどこかの旦那さまと一緒 素敵な美人がいると、帰宅が遅くなる〜とおっしゃっていましたよ笑
 
   元旦を過ぎても帰ってこられなかった神様がいらっしゃるとか。こまったちゃん!!それでは新年の神事ができない!なああんておはなしも

 神様街道にしたてるひめ、いらして歌って踊って〜〜わたくしの想像はまた羽がはえちゃいます!!

  そんな宮司さま、いっつも、素敵な美女に囲まれているようですよ 他の方のネットから拝借

クリックすると元のサイズで表示します

 その 賣豆紀神社には素敵な主がいらっしゃいますよクリックすると元のサイズで表示します border="0">

10月にご挨拶に伺った時は、初対面だからすこし横を向いておいででしたが
 二回目はことし、お迎えに出てきてくれました

クリックすると元のサイズで表示します

  いろ〜〜んな人に出逢って いろ〜〜んなものをみてきたんだろうね!なんてお話していました

 お名前は『もえ』ちゃんです

 5月3日のお祭りに歌わせていただきます
 
  したてるひめさんは天上における和歌のはじめを読まれているんですよ
  そんなこんな

  あたらしいMOMO SONG作ります えっ?これから
  そうなんです、今朝、どうやらお歌がやってきましたので笑

  そうねそうね、今回のテイストは、出雲女子向きかも 笑
  当日をお楽しみにね!! まだかたちはないけれど〜〜〜

  今回の奉納 タイトいるは『モンデンモモ愛を歌う』
    和歌だし 与謝野晶子さんもということで、わたしとしたら、とってもらしいテイストででお届けいたします
     リクエストのみなさまよーくご存知ソングも 神輪唄も synMOMO-P部分も  ピアノは 中島巌さんです

  神事のあと奉納演奏 15:00です
  みなさま パワースポットにお出かけくだあいませね!!
  まちしています

  http://www.genbu.net/data/izumo/metuki_title.htm
    
2

2018/4/13  17:11 | 投稿者: MOMO MONDEN

 一見、活動が四方八方に散らばっているようでしたが
 急にまとまりはじめた 2018の四月 新年度です

  このブログも随分お休みしておましたが、いよいよ再開いたします

  『モンデンモモのオフィシャルブログ』


    2007年に母が亡くなって 10年が過ぎ
    母を喜ばせたい!人生も にこにこと完成したのではないかと
    おもう日々でした

    その日々は、最後の方少々痛みを伴いました
  
    わたしの存在は、なにかしら?とか
    どこまで自分を追い詰めれば 結論が出るのかしら〜なんて

    母は、藝術とは何か?を小学校の頃からわたしに教えてくれたのかな?
    
    そして命とは、永遠で 藝術の中に確かに 喜びとともに存在することも
    教えてくれた

    再生藝術だけでは、心は満たされない 『創作』をしなさい
    そのためには、確固たる 基礎を!

    と導いてくれました

    そして、わたしに一番不足していた
    とことん、命までも投げ出す覚悟

    そんな体験もできたかもしれません!!

    そこから、本当に、藝術を愛し 人間を愛し 慈しみ
    感謝し

    すこし大人になれたのかもしれません

   
    だから、いよいよ 『新』 プロジェクトがはじまりました

    神様が、そのタイミングをくださって 路に 輝く石を並べてくださっています

    それは、闇しか感じられない時にでも作り続けた、作品たち 歌たちです
    
   その、モモソング モモ作品を あらゆる可能性で形にしていく
   プロジェクトです

   自分たちの内側に向かう作業と 方法論を人に伝える作業
   そんな両面を この synMOMO-Pはやっていくことになると思います

   これがわたくしであり わたくしのやりたいこと

   こう言い切れる 今日が来たことを 心から感謝しています

   しかし、この活動は 自分の心身を鍛えることをおこたっては成り立ちません
   日々心して立ち向かいますね

   まずは、全体を見渡せる整頓から!!

   また活動のすこし細かいお知らせを このブログですすめてお参ります
   ぜひ 訪ねてきてくださいね!

 クリックすると元のサイズで表示します
5
タグ: synMOMO-P LUNNA

2017/6/27  12:32 | 投稿者: モンデンモモ

 
 1992年のイベントで

  古代をテーマで曲を作り始めて以来 たくさんの唄がわたしにやってきてくれました
  そして、加茂町の文化ホール ラメールという場所をいただいて
  そこから広がってゆきました
  そしてそこには 銅鐸が日本最多出土して
  銅鐸も唄をたくさん運んできれました

  わたしの心は、縄文へ
  三つの山が重なる 環状列石へ

  そして奥出雲へ
  そこには 三つの月が重なりました

  高村光太郎さんは わたしを二本松へ導いて
  裏磐梯が嘆きの唄をきかせてくれました

  弟にはじまった、山陰も、出発地点は 鞆の浦

  そこには福島県松川とつらなるカギがあり

  高麻山が こうして 導いてくださいました

  神様から頂いた 神輪唄
  奉納させていただきます

  自然に集ったわたくしたち
  唄と舞と演奏と 昔からわたくしのもとへ降りた曲をみてきてくれた
  人々と

  なぜ作る なぜ歌う なぜ舞うの 静かな答えが
  多分   それは いまをいきる ということ

  八重垣神社 夏越大祓神事 にて 神輪唄奉納させていただきますクリックすると元のサイズで表示します
3




AutoPage最新お知らせ