独り言〜

2014/9/15  18:12 | 投稿者: Momoly


 智恵さん アトリエがすっかりきれいに焼けてしまったから
 私は奥州花巻にきたよ〜
 智恵さん こういふところ好きでせう〜

 

   モノドラマの智恵子抄 その形は、2003年のラメールでのモモコンサートで
   できあがりました。
   でも、台詞のかけらは、丁度20年前、お茶の水のカザルスホールのときに
   ちりばまっています。

   あのときは、1994年は降って来ただけだったのかな
   今、一言一言 心の中に違ういろで聞こえてきます。
   


   いろんな事がありました
   大事な大事な人を失ったり

   光太郎さんが、智恵子抄を 徹頭徹尾悲しい詩集だったと語られる様に
   そのことば達がまた違う事を私に教えてくれます。

   そんな、私の心の中を みせられるように  なりました。
   少しだけ。。。。
   本当に、智恵子抄 まだまだまだまだ奥にお部屋があるようです
   でも、新しいお部屋になったことだけは確かなようです

   そこには、声も音楽も 透明になって行く物かもしれない
   そのときを、時間を共有できる方々がいてくださることに感謝の気持ちで一杯です。

   この曲たちが生まれた時にほぼ戻し 
   さらに 扉をひらきはじめました

   北川太一先生のおっしゃった言葉が
   ちから強く響きます

   


       智恵子抄を人生の柱に 歩みなさい。

   
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ