ゴッホとロダン

2014/11/25  0:25 | 投稿者: Momoly


 10日間の、島根鳥取ウィーク 頑張りました
 ライブも含め いろ〜んなお仕事を無事終了
 使う楽譜も台本も資料も多いので 海外用のスーツケースで運んでしまいました

 オーヴァーバッゲージになるぞおと、持ち込みちびスーツケースに本を入れまくったのですが
 やっぱり少しオーヴァー。
 宅配で送る分だと、あきらめました〜笑

 というのも、今回の帰路は いつもの飛行機ではなかったので
 荷物の重量プレゼントがなかった〜〜
 でもでも、遅くまでお稽古して最終便に乗れたのは
 ラッキーです

   帰ると、今回のパリの主催者の
   旅の紀行文が届いていました
   パリ!ほんとよかったなあああ

   私の、心と脳裏の扉をあけてくれたパリ!

   ロダン美術館で見た ゴッホの自画像
クリックすると元のサイズで表示します

 きっと、遊び気分で書いて、ロダンと作品の物々交換をしたにちがいない!

  これほど、ジャポニズム!!

  私は、多分 ゴッホが本当に好き

  生き様の絵がほんとにすき

  オランダで見たゴッホ美術館は ほんとすごかった
  
  いろんな人たちが、一人の人として
  私の中で動き出してる

  私も動いてる

  今 二本の自分の作品がお稽古されてる
  それも、何回も上演されてる作品
  私は小さい小さい自分だけれど
  時代の波に洗われて 作品のメッセージが届いてくれたらうれしいな

  私が、作品を託して つないでほしい 小さな紳士が今日も来てくれた

  3つにならないその紳士は 今日演じてくれたみんなの
  何かを必ず観てる 見てる

  敬愛する高村光太郎さんが冬が好き
  小さな紳士も 冬に向かうんだよね


  私も 厳しい冬 好きです
  大変だけれど 大変な方がいいです
  人生を一杯楽しむには 楽より大変がいいです

  それは それこそ パリです

  パリは 大変です コンビニエンスじゃああない
  でも、大変なことには喜びがまってる

  ふふふ

  お話したいこといっぱーい
  あるようなきがするんですけれど
  やっぱり直接お伝えしたいな

  と

  このごろおもいます
  
  同じ空気を吸いながら
  お稽古したり
  ライブしたり


  そこで
  私が何を考えているか
  何を感じているか
  お伝えしたいな


  だから 
  是非


   逢いに来てください

   私が思う ゴッホに
   レオナルドダビンチに
   ミヒャエル エンデに

   そして モンデンモモに


  
5



2014/11/25  23:12

投稿者:高村光太郎連翹忌運営委員会代表

福島民報にパリ行きの記事が出てます。ネットでも見られます。
http://www.minpo.jp/pub/topics/hotnews/2014/11/post_965.html

http://blogs.yahoo.co.jp/koyama2870041


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ