稲田姫物語!!

2015/11/6  10:32 | 投稿者: Momoly

おかげさまで、出雲ツアーが大成功に終了いたしました。
 モノドラマ+の形ができ上がりました。

 モモミュージカルの子供たち、ラメールの子供たちは5年の年月の間にしっかり、一緒に芝居が出来るところまで
 成長してくれました
 今回の作品には、幼いころの稲田姫から成長していく過程の歌がそれぞれあります。
 スサノウも、子供のときのスサノウも今後歌も増やしていく予定です。
 今回は モモミュージカルとしての理想の形になりました

 試作的な要素も各分野ありましたが、全てがうまくいきました。
 創り上げるスタッフは、日南町の、アシスト日南。
 最後の絞り込みに大変に悩んで資料の提出が遅かったにもかかわらず
 すばらしい、イメージ映像と照明と音響をになってくださいました。
 
 クリックすると元のサイズで表示します
 舞台上に装置はない、朗読劇+芝居 舞踊 映像
 ことば。

 そして、子供たちと。

 今回は、オロチの設定を鉄の民 の新説でした
 でも、私の中では、かなり前から見えていたストーリーです
 20年まえ、この作品に 銅鐸を埋めましょう と 歌語った
 のが3月 その年の10月に 銅鐸が出土しました
 
 そのとき、もっともっと驚かなくてはいけなかぅたのに
 何だか、よくわかっていませんでした 笑

 そして2013年 もう一度、稲田姫を見返したときの
 衝撃! いつか、ちゃんとまとめなくては〜と
 おもっていましたが こんなに時間がかかりました
 
 あまりの壮大な作品になっていたのでその幹を立て直すのに
 それはそれは苦労しました

 でも、出来ました
 見えたのは3日前です
クリックすると元のサイズで表示します

 莫大な台詞の量でしたが
 神様が微笑んでくださいました

 久しぶりの 悪役
 成長した なるみくんとの掛け合いは最高にたのしかったです

 私は、普段子供たちと作品を創るとき
 みんなを子供だとはおもっていません

 わたしより、成長した魂をみることもしばしばです
 特に今私の周りにいてくれる子供たちは
 そうとう魂年齢が高いようです

 これからも、このモノドラマ+の形で モモミュージカル上演していきます
 是非是非、モモ作品にピンきた 子供たちヤングたち お力をくださいね

 クリックすると元のサイズで表示します

 そして次の日は、奥出雲八重垣 ご当地の 三所の神楽殿で
 上演させていただきました

 当初から
 神楽とのコラボ
 を想い描いておりました
 今回試演の意味合いも多かったのですが
 こちらも、アシスト日南のすばらしいサポートを頂き
 大成功しました

 モノドラマ+の可能性をみていただけた気がします
 みんな本当にありがとうございます!私自身、カラダを鍛えて心を鍛えてがんばります!
 奥出雲のまちなかコンサートにいれていただいてありがとうございました!!

 オロチやお面を飾ってくださって、ほんとうにぴったりの場所だったね〜といっていただきました
クリックすると元のサイズで表示します


 来る 11/16 夜19:00 中野駅から 徒歩3分
 ライブスペース肇にて  モモドラマ 稲田姫物語 上演です!!
 そのお話しは また今夜 立ち上げます!!!

 東京の方々是非是非 神在月 に!! 心は出雲へ!!!!
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ