M'sDECK blog

 
12インチアクションフィギュアで遊び続ける松井 淳のおもちゃブログです
Presented by Jun Matsui
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:matsui
本体のクラックは、そもそもGI JOEも同じだよね。
古い本物は基本全部クラック入ってるみたい。
それ知ってるから自分は結構平気なのかもw

最近の製品でも、ABSパーツって押し広げられる力が
かかってるとこは数年後に突然割れちゃったりするし
合皮は加水分解があるから長期保存できないっていうのと
同じようなことなのかな…。
投稿者:マシクフ
オールドで危険なのは癒着では無くて
ガワはソフビの劣化(収縮)による破損と、
本体も収縮によるひび割れです。

ソフビのガワ(皮)はオールドものでも縮むみたいで
キツメに挿してると割れてきます。

本体も基本的に軸が抜けないようにキツメに作ってあるので
これを挿しっぱなしにすると割れてきます。

いくつか見ると本体で割れてる箇所って同じなのが
分かりますよね。
弱いところから割れるという…。
なので軽〜く挿すか、ハズしておいた方が無難かと(^_^;)

と、全部、師匠からの受け売りです(笑)
投稿者:matsui
ソフビパーツもかなり雰囲気違うんだろうけど、
自分としてはやっぱ本体の透明樹脂の
質感の違いが一番気になるんです。

でも、当時物を手に入れたらそれで満足して(当然…w)
復刻は復刻でまあ楽しいなという気持ちになりました。
でも癒着はな〜。それはカンベンしてほしかった。
で、昔のも危ないんだ? それは知らなかったっす。

サイボーグの狼はもちろん、いろいろなサイトを
改めて廻ってみると、細かいことを
結構…というかほとんど忘れてる!
ていうか、ネオ〜復刻辺りの頃は当時の現物持ってなかったから
読んだとしても全然頭に入ってなかったみたい。
で、前に読んでたであろうはずのことに
いまさら「そうなんだ⁉」とか驚いたりしてw
投稿者:マシクフ
あ、あと、既に穴の開くほど見ているかも知れませんが(^_^;)、
師匠のサイトは必見ですよね〜。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/2691/
投稿者:マシクフ
このパチ感って、やっぱりソフビドクロキングのサイズ、
なんじゃないですか?(^_^;)
これなら平成復刻のグレードクロキング(BH)の方が
サイズ&造形的にはマシかなぁ…と。

C.F.E.でもやりましたが、塗り替えると劇的にカッコ良くなります(笑)
ただ、当然のごとく平成素体と平成ソフビは癒着が酷いので
保存には気を付けないと…ですけど(T^T)

変身サイボーグは今も昔も、ヘッドや手足首は外して保管!
が基本ですもんね…(^_^;)

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ