2012/3/30

病人を乗せたベッドを移動させるときの「掟」とは?  ビジネス・儲けの裏ネタ

病院を舞台にしたテレビドラマの中で、必ずといっていいほどお目にかかるのが、容態が急変した患者を集中治療室に運んだり、手術室から病室に移すシーン。

しかし、ここにとんでもない間違いが隠されていることがある。それは、患者を乗せたベッドの向き。正しい向きは「患者の足を先にして移動させる」のだが、ときに、頭を先にして運んでいることがあるのだ。

ある病院関係者によると、「頭を先にして運ぶのは亡くなった患者を運ぶとき」だけだとか。ドラマで患者役の俳優が頭を先にして手術室から出てくれば、その手術は失敗だったということになる?

深海をものともしない海底ケーブル敷設法

海底ケーブルはヽ海底に敷設される電力用・通信用のケーブルのこと。陸上ケーブルに比べて、1.「地震や台風などの自然災害に強い」2.「工事期間が短い」3.「建設コストが安い(陸上ケーブルの数分の1から数十分の1)」といったメリットがある。

この海底ケーブルの敷設は、次のような手順でおこなわれている。

1.海洋調査を行い、ケーブルを通すルートを決める。海底の地形、土質、水温を調べる他、大型船の航路に当たっていないかどうかや漁業の操業状況なども考慮する。

2.最適ルートが決まると、「ケーブル敷設船」による敷設作業に入る。敷設の際、注意が必要なのは、海底の起伏に沿ってケーブルを這わせること。たとえば、海溝を横切るとき、橋をかけるように海溝にケーブルを渡すと、宙ぶらりん部分のケーブルが揺れて、通信状態に悪影響が生じる。そのため、海底の地形によっては、数千メートルという深海にケーブルを敷設する場合もある。

飲み物は29度で売れ筋が一変する

飲料の売れ筋は気温29度を境にして一変する。それ以下では、果汁のジュース類がよく売れるのだが、29度以上になると炭酸飲料の売れ行きが伸びるのだ。

ただ、最近は、炭酸飲料の中でも微炭酸のものが好まれるようになっている。しかも、世界的な自然回帰的傾向として、炭酸飲料に代わって、果汁ジュースや紅茶、スポーツドリンク、ミネラルウォーターの売り上げが伸びてきている。

この炭酸離れの傾向がつづくと、「29度になると、炭酸飲料の売り上げが伸びる」という飲料業界の法則も、やがて覆されるることになるかもしれない。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ