2012/4/27

旅行代理店の社員の旅行事情  ビジネス・儲けの裏ネタ

旅行代理店は、旅行会社から旅行商品を仕入れている。その仕入れ価格は、旅費のおよそ85パーセント前後。だから、社員割引できる余地はほとんどない。割引制度がある代理店でも、せいぜい10パーセント程度だ。

しかも、代理店の社員は仕事が忙しい。まとまった休みがなかなかとれないため、利用する暇もなく、割引の恩恵などあってないようなものだという。


花屋の売り上げはサンパチに伸びる

花屋は例年3月と8月に売り上げが伸びる。これは「御先祖様」のおかげである。まず、3月に花がよく売れるのは、お彼岸があるから。お彼岸の前後、ご先祖の墓、仏壇に花を供える人が増える。

一方、8月に花がよく売れるのは、お盆があるから。この国で花を贈られるのは、もっぱらご先祖様というわけである。だから、花屋というビジネスを軌道に乗せるには、ショッピング街よりも、霊園のそばに出店したほうが、成功率ははるかに高くなる。


四つ葉のクローバーがどんどん増えているわけ

幸運を呼ぶといわれる四つ葉のクローバーだが、最近は、この四つ葉のクローバーを使ったグッズが、たくさん出回っている。アクリル樹脂に本物の葉っぱを閉じ込めたアクセサリーなどだが、これは、四つ葉のクローバーが商品化できるほどたくさん見つかるようになったからだ。

クローバーはマメ科の「シロツメクサ」で、ふつう葉は三枚ある。それが四枚になるのは、突然変異による。四つ葉のクローバーは、そうした遺伝子情報をもっており、その遺伝子を受け継いだ個体も、四つ葉が出やすくなる。

そこで人為的に交配を繰り返し、四つ葉どころか五つ葉や十八枚葉まで生み出した人もいる。こうして四つ葉が出やすいクローバーが生み出された。その株からはかなりの確率で四つ葉がとれる。

ということになると、ありがたみが薄れてしまうような気がするが、商品化は、そんな品種改良が支えていたのだ。


三年に一度、一日焼けサロンが流行るわけ

日焼けサロンは、季節や天候に関係なく、室内で肌を焼けることが売りのビジネス。ところが、その売り上げは天候に大きく左右される。長梅雨の年は客入りが多く、空梅雨の年は客入りが悪くなるのである。

その理由は、長梅雨の年は、屋外プールや海で日焼けできない人が続々と訪れるから。一方、空梅雨の年は、梅雨明け宣言前から真夏のような晴天がつづく。すると、六月中から海や山で肌を焼く人が増え、日焼けサロンでお金をかけて焼こうというお客が少なくなるというわけ。

気象データによれば、日本には三年に一度は冷夏が訪れる。というわけで、日焼けサロンは三年に一度は繁盛し三年のうち二年は客の入りが悪くなる。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ