2019/2/8

久々の更新  雑記

おはようございます、こんにちは、こんばんわ!、ボーダーラインです〜m(_ _ )m

約3ヶ月ぶりの更新となりました〜、書きたい時に書けば良いというのがブログの良いところなのですが、
それにしても書かな過ぎでは??と自分でも思ってしまうのですが、書かなかったものは仕方ない!というわけけで、
今日も今日とて広大なネットの海に駄文のかぎりを撒き散らしていこうと思いまっす(ぇー



写真
去年は、通算して約4.5万枚ほど撮っていた(一昨年は約10万枚)らしいのですが、
カメラを趣味にしてから約11年ほどになりますが、これまでで2番目に撮影枚数が少ない年になりました。
理由としては、副業でカメラマンやアシスタントの仕事から一度離れたことや、
本業の転職が一番大きかったのかなと感じます。

それはさておき、ブログで更新こそしていませんでしたが、
休みの日には相変わらずドール撮影やスナップ撮影は可能な範囲で続けていました。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
ぴょこり。

スタジオリュミエールさんへお邪魔した時の写真なのですが、
行く度にオブジェや内装がパワーアップしていくので、良い意味で毎回驚かされます(; ˘◡˘)


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
ジャーンプっ!。

もっと色々な構図に挑戦しないといけないなと最近強く感じます。
ドールを撮影するようになってから、10年以上ともう大分長い期間が経過しつつありますが、
それと同時にいつまでも、初心忘れるべからずの精神を大事にしたいなと感じている次第です_(:3」∠)_


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
やっぱり50mmって難しいです。
写真を好きになればなるほど、そう感じてしまいます;。

パースや圧縮効果もほとんど付かず、見たものがそのまま写ってしまうので、
寄れば良いのか引けば良いのか今でもシチュエーションによって大変悩みます。
この器用貧乏な画角と仲良くやっていくには、時に寄って時に引いて、
F値もフレキシブルに変更していくことが必要だと思っています。
また、画角の凡庸さを補う為に、背景選びのセンスもある程度求められます。
このような理由から、50mmを使うカメラマンは写真に必要な知識や経験やセンスをフル活用しなければならないので、
頭も足も使って被写体へ真摯に向き合うことが必要なのだと感じます。
写真に必要なことを沢山教えてくれるこの画角は、写真の先生なのかもしれませんね。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
以前の更新でも書いたと思うのですが、まんじゅうさんから簡単かつ効果的な関節を消す方法を教えて貰えたので、
それから日々練習していたります。その節はありがとうございましたm(_ _ )m 感謝です!。

この時の撮影では関節消しの二回目だったと思うのですが、
おかげで今はもっと早く上手に関節消し加工を出来るようになりました。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
ドールってもちろん人ではありませんが、モノとも思いたくないので、
個人的にはその中間にある存在だと感じているのですけども、
こんなに長く一緒にいて撮り続けてきた存在なのに、どういう風に撮るのが正解なのか未だによく分かりません(ぇー

ただ、一度こういうものだ!と決め付けてしまうと、何だかそこから先が無くなってしまう気もするので、
これで良いのかもしれませんね(; ˘◡˘)


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
ドンっ!(丼だけに)、、、はい、すいません(◞‸◟)

いきなりの海鮮丼なのですが、北海道に人生初上陸してきました(ぇー
1200円でこんなに美味しいものが食べれるなんて、、、北海道おそるべしですっ。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
その頃東京は異例の猛暑日が続いていたので、
避暑地へ避難しよう的な意味もあり北海道へは去年の6月の終わり頃に行ってきました。
新幹線にも久々に乗れて何だか楽しかったです。

風が明らかに関東とは違いどこか空気がサラっとしているというか、
とても過ごし易い気候ですので、この時期の北海道が人気なのも納得です。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM


写真
函館山の山頂。

山頂は大変風が強く、この時期でも夜だと気温が5度以下しかないらしく、
日中は19度程度あったからか寒暖差でもの凄く寒く感じました((( ◜◡‾))) ヒェー
夏の函館山へ夜間訪れる方は、ご注意下さいね。風も強く本当に夏でも信じられないくらい寒いですよ!。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
まんじゅうさん主催の夏だ!水着だ!ドール撮影だ!会に参加した際に撮った写真です。

夏といえば水着、水着といえば夏。
もはや、何を言っているのか自分でもよく分からないのですが、
水着を撮影仲間の友人に一式貸していることを失念していた為、
この日は図らずも下着パーカーというマニアックなコーデになりました(ぇー


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
( ̄_ ̄ )。o0○(…なるほど)


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF100mm F2.8L IS MACRO USM



写真
ようやく東京スカイツリーにも、はじめて訪れることが出来ました。

完成してから、もう大分経ったので少しは空いているかなと思っていたのですが、超満員の2時間待ちというㄟ(;θ﹏θ)厂
でも、2時間待ってでも一度は見た方が良いと思える絶景を拝むことが出来たように思えます。

レンズはほっけさんの魚眼レンズをお借りして撮影させて頂いたのですが、
このレンズは新しい世代のLレンズということもあり、
魚眼にも関わらずEF16-35mm F4L IS USMと同等の解像力を有しているように感じます。
こういった特殊レンズは、使いどころこそ難しいですが、一本持っていると表現の幅が増えるので良いですよね。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF8-15mm F4L FISHEYE USM



写真
EF16-35mm F4L IS USMが故障して手放してから、約1年ほど広角レンズ不在となっていましたが、
去年の8月ようやくEF24mm F1.4LU USMを購入しました。
広角単はカメラ人生の中で初めての購入でしたが、
これまで広角側はズームに頼ってきたこともあり、最初は若干の戸惑いもありました。

また、このレンズは海外の有名レンズ評価サイトで、5点満点中2.5点とズームより低い点数であったりと、
Lレンズの中ではEF50mm F1.2L USMに次ぐ悪評を集めているレンズということもあり懸念していましたが、
蓋を開けてみればどうと言うことはなく、よく解像しますし描く線も細く好感が持てました。

弱点も開放時にボケ味に若干クセがある程度で、決して悪くない性能だと感じます。
AF性能も高速かつ正確で、あの海外の評価サイトはハズレのレンズでも引いたのだろうか?と思うほどでした。
やはり、何でも自分で使ってみないと分からないものですね(~¬~;)


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
続いて同じ日にEF24mm F1.4LU USMを試写した時の写真です。
開放でこれだけ写れば立派ではないでしょうか。
ちなみに一個前の写真も開放にて撮影を行っています。

このレンズはカメラのキタムラさんにて中古での購入でしたので、定価の約半額で購入出来たのですが、
本当に良い買い物が出来たように思います。

中古品のレンズを購入する際、難点か気をつけなければならない点があるのですが、
とりあえずヤフオクやネット販売などはこれまでの経験上あまり良い記憶がないので、
自分でお店まで赴いてエレメント部やAF駆動部を実際に撮影しつつ確認すると、失敗も格段に減るのかなと感じます。
大分前にヤフオクで中古品のレンズを2本ほど購入したことがあるのですが、
普通にカビが生えていたり片ボケしていたりと悲しい結果になりましたので、皆様もお気をつけくださいませ;。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
同じくEF24mm F1.4LU USMにて撮影をしています。
F5.6まで絞っているのですが、大体F4〜5.6程度でピークを迎え、F11程度まで絞ると回折現象(小絞りボケ)の影響で、
解像が落ちていくように見受けられます。

最近ではSIGMAのARTシリーズなどを筆頭に、
開放F値から解像力がほぼ最高値になるよう設定されているレンズが多いですが、
これはこれで問題がないわけではなくピークが早いということは回折が起きるまでも早いということの裏返しでもあるので、
どの辺りにレンズの解像力のピークがきていて、なおかつどの絞りの時にボケが綺麗になるかなど、
そのあたりも購入前にチェックしておくと長く付き合えるレンズを見つけ易いのかなと感じます。

キヤノン純正のEFマウントレンズは、単焦点だとF2.8の時に解像とボケのバランスが、
良くなるよう設定されていることが多いように見受けられるので、
尖った部分はないですが純正らしいオールマイティな使い易いチューニングだなと感じます。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
広角レンズはわりと近接性能が高いレンズが多いのですが、
EF24mm F1.4LU USMも例に漏れずかなり寄れるレンズです。
ドール撮影に限らず、寄れるということはそれだけでアドバンテージとなることが多々あるので、
そういった部分でも使い易いく感じます。

また、広角レンズは寄ると中央部分が収差の影響で若干膨張して写りますが、
それも広角特有の描写だと思うので、今後活かしていけたら良いな〜と( ˘◡˘)


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
撮影オフ会にて、設置されていたシャワーの棒の部分が良い感じにドールサイズでしたので、
ポールダンスの要領でポージングしようと思ったのですが、時間が足りず中途半端な感じに_(┐「ε:)_

自宅でも似たようなことが出来ないものかと、カーテン用のテンションロッドを購入して自室の撮影ブースに設置してみました(マテ
ちなみに購入したのはumbraというメーカーのCHROMA TENSION ROD(Mサイズ ニッケル色)です(; ˘◡˘)


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU MACRO USM



写真
こちらは、撮影仲間であるぱなさんの家の防湿庫に眠っていた、
EF35mm F2.0を譲って貰った日に試写した写真です。

実はこのレンズ、人に譲ったり壊れたり紆余曲折を経て今回で3回目の購入となります(マテ
何かと縁のあるレンズですが、1990年製のわりと古いレンズにも関わらず、本当によく写ります。
ジー、ジィージーコ、キューイとAF時のモーター音が大変可愛らしく、
キヤノンユーザーさん達からはジーコレンズ3兄弟の愛称で呼ばれていたりもします。

現在は既に生産終了となり中古でしか手に入りませんが
小さく寄れて安いと後継のEF35mm F2 IS USMが販売されるまでの22年間に渡り、
キヤノンの35mmを支え続けた名玉だと感じます。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF35mm F2.0



写真
EF35mm F2.0ですが、今では珍しいAFの使える5枚絞りレンズですので、
そういった意味では現在では稀有な存在なのかもしれません。

五角形の玉ボケレンズなんて、たぶん今後現行品では出てこないでしょうから、
時代遅れだなんて言わずに、もはや個性であると言っても良いかもしれません。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF35mm F2.0



写真
EF35mm F2.0は、カメラをはじめてから2番目に購入したレンズということもあり、
付き合いも長くある程度レンズのクセや特徴を把握している為、懐かしく思うと同時に大変扱い易く感じます。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF35mm F2.0



写真
性能が高いレンズを使うということも、カメラを趣味とする人間にとって正直興味をひかれる部分ではあるのですが、
やはり性能よりは自分との相性や目的に合っているかを考えた方が良いのかもしれません_(:3」∠)_


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF35mm F2.0




写真
フライング・スコッツマンのパンケーキですね(〜 'ω' )〜
昔、誰かがパンケーキの厚みは幸せの量に比例すると言っていましたが、全く同感です(ぇー


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF35mm F2.0



写真
プロカメラマンの友人が、NIKONのZ7を購入するからα7RV置いていくね!と、
我が家にα7RVを置いていったので格安で譲って貰えた????のですが、
実は半年ほど使った後、他の友人に譲ってしまいました(; ˘◡˘)

現行のフルサイズ機の中では、センサー性能で最高スペックを有しているのは間違いないと思うのですが、
逆にあまりに性能が良過ぎて違和感を覚えるほどでした。

どうして売ってしまったのか?とよく聞かれるのですが、
やはりボクは描写・操作性・レンズラインナップ、これらトータルでキヤノンが好きなんだなと再認識させられた次第です。


撮影機材:α7RV&MC-11+EF24mm F1.4LU USM



写真
約6倍ほど拡大してもこれだけデータが破状なく残せるのですから、凄い時代になったなと感じます。
しかも使っているのはマウントアダプター経由の1990年製のEF135mm F2.0L USMなので、
SONY純正マウントレンズであれば更に解像していたはずです。

MC-11も近接時に若干AFが迷うことを除けば、
サードパーティ製のマウントアダプターと思えないほどAF性能が高く、
αマウントでEFレンズを使う人にとっては必携のアイテムだと感じます。


撮影機材:α7RV&MC-11+EF135mm F2.0L USM



写真
サブ機に関しては、今までオリンパスのOMD EM-5や富士フィルムのX-E1など、
何機種かはキヤノン以外のカメラを使ってきてはいるのですが、1年以上長続きした試しがないので、
今後サブ機を購入する際はもうキヤノンのカメラにしようと、今から心に強く決めています0(:3 )〜 =͟͟͞͞(’、3)_ヽ)_

今回、α7RVを使ってみて良かった部分は何点かあるのですが、
まずは先述したとおりキヤノンの良いところが再認識出来たという点と、
次にカメラというのはカメラだけで運用しているわけではないという所に気付けた点です。

目先の性能ばかりを欲するとトータルのバランスを見誤り、
気付いた時には自分の撮りたかった部分とは、どこかかけ離れたところにいることになるのかもしれません。


撮影機材:α7RV&MC-11+EF24mm F1.4LU USM



写真
神田にあるクラフトビアマーケットで食べたラムチョップ、一本480円也。

ぺんぎんさんから教えて貰ったのですが、クラフトビールの種類が豊富なのと料理がビールに合うものばかりで、
お酒が大変すすみます₍₍ ◝(‘ω’◝) ⁾⁾ ₍₍ (◟’ω’)◟ ⁾⁾ ヤバイデス


撮影機材:α7RV&MC-11+EF35mm F2.0



写真
有楽町にいたエイリアンさん。
ちなみに個人的にはエイリアンシリーズの中で、エイリアン2が一番好きです(知らんがな


撮影機材:α7RV&MC-11+EF35mm F2.0



写真
KENさん主催の撮影会にて撮ったカットですね。
実は夕方頃になり、かなり暗い状況だったのですが、カメラの性能を見る為に敢えてレフ板すら使用せず撮影しています。、
後から現像時にシャドウ部をムリヤリ持ち上げて、どの程度綺麗に補正出来るのか試しているのですが、
真っ黒だった画像がライトルームにてシャドウを持ち上げるだけで、これだけデータが残っていることに驚かされます。

キヤノンはハイライト部分に関しては、本当に品のある見事な処理をしてくれているのですが、
シャドウ部に関してはここまでの性能はありません。こういう部分は本当に羨ましく感じます。
ボディ内手振れ補正の効果も相まって暗いシチュエーションでの性能は、キヤノンより1歩どころか2歩3歩と進んでいると思えます。


撮影機材:α7RV&MC-11+EF24mm F1.4LU USM



写真
おやたけさんちのよしのんさんですね〜( 'ω' )〜 キャワワ
MDDの子を撮影するととても和みますよね。

我が家にもMDDをお迎えする準備が着々と進んではいるのですが、
肝心のヘッドのメイクが難航しているので完成はいつになるのか、、、
夏までには時間を作って完成させてあげたいなと思っています(ぇー


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
もっと広々と撮れば良かったのに、何故か50mmで撮ってしまったカット。
ボクは写真の上下に黒枠を付けているので、その辺りも計算に入れて撮影しないといけないのですが、
たまにそのことを忘れて詰まった感じの写真になってしまう時があります(ぇー


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
去年の年末は本業が怒涛の忙しさだった為、アクセサリー作成を一時お休みさせて頂いたのですが、
転職してから1年経ちそろそろ落ち着いてきたので、製作を再開したいと思っています。

この写真でうちの子(秋乃)が付けているロングネックレスも試作品の一種です。
トップ部にイタリア産のセルロースアセテート(綿花由来樹脂)を使用しています。
去年ハリウッドスターや海外セレブの中で流行ったデザインを踏襲させて貰いました。

トップ部・チェーン共に長さの調節が必要なのですが、
評判が良いようならば少数になってしまうかもしれませんが、販売出来たら良いなと考えています。
ドール用カチューシャにも有り難いことに沢山ご要望を頂くので、また沢山作らないといけませんね;。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF50mm F1.2L USM



写真
去年はぺんぎんさん、クロアキさんに連れられて美ヶ原にも行きました。
10月の終わりに訪れたのですが、やはり死ぬほど寒かったですインナーと手袋が雪山用のものじゃなければ、
このブログを書くことはなく山の上でカチンコチンになって冷たくなっていたことでしょう(大げさ


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
なかなか一人ではこういうところには来ないので、
社交辞令ではなく誘って頂けると大変有り難いなと感じています。

あと、左足の靭帯が切れた後、かなり軽めとは言えはじめての山歩きだったのですが、
良いリハビリになった気がします。もうほとんど完治したと言って良いような気がします。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
美ヶ原から移動しつつ撮影スポットを散策。

長野は紅葉の名所が多いので、どこを切り取っても絵になる気がします。
ただし、長野は去年紅葉の状態が悪かったとのことで、葉が斑に黒くなってしまっていたり変色してしまっている箇所もあり、
今年の秋はどうなるのでしょうね;。



撮影機材:EOS 5D Mark4&EF135mm F2.0L USM



写真
同じく長野ですが山道を歩くこと15分、橋の対岸から撮影してみました。
何か普通に熊が出そうなシチュエーションだったので、何だかそわそわしながら撮影してしまったのですが、
3年前に山梨の山中でかなり遠くからかつ車中からでしたけれど、
ツキノワグマと遭遇したことがあるのでトラウマになっているのかもしれません((( ◜◡‾)))

猿・鹿・猪・熊と大体遭遇してきましたが、鹿ですら体当たりされると死ぬ可能性があるので、
自然の中に分け入っていく時は、本当に注意しないといけません((( ◜◡‾)))


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
大口径望遠レンズを使っていると意味もなく撮ってしまいたくなるカットですよね;。
ボケが綺麗なレンズであれば、なおさらだと感じます。

前ボケが荒れるレンズだと、そちらにばかり目がいってしまい主題が目立たなくなってしまう時があります。
一昔前だとこのあたりはズームより単の方が一枚上手なケースが多かったのですが、
最近はレンズの性能が飛躍的に上がってきているので、ズームでもボケが綺麗なレンズが増えて嬉しいです。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF135mm F2.0L USM



写真
長時間露光にて撮影。
久しぶりに長時間露光撮影をしたのですが、個人的にはこれくらいの水の流れ加減が好きだったりします。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
長野で最後に撮ったカットです。

日没一歩手前だったのですが、うちの子の撮影も出来て嬉しかったです。
紅葉の名所は通常どこも人が多く、ドールさんを出すことはなかなか難しいですよね;。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF135mm F2.0L USM



写真
今度は所変わってコスモスアリーナふきあげで撮った写真です。

このコスモスアリーナふきあげは、一昨年河川氾濫の影響でコスモスがほとんど全滅してしまったと聞いていたのですが、
何事も無かったかのようにほぼ元通りの状態で復活していました(゜o゜) スゴイ


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF135mm F2.0L USM



写真
コスモスってさほど背が高くないイメージがあったのですが、
種類によっては普通に背伸びしないといけないほど高さがあって、撮影が難しかったです_(:3」∠)_ ぉぉぉ

三脚にセレンズさんのドールスタンドを連結して乗り切りました;。
ドール撮影に専用スタンドは必須アイテムですが、
海外も含めれば今や数え切れないほどのディーラーさんが、様々なスタンドを販売されているように見受けられます。
近年では台湾製のドール用スタンドとLEOFOTOさんのミニ三脚を組み合わせて使う方法が、
使い勝手もよくある種のトレンドだと感じています。

さほど嵩張るものではないので、ボクも野外やスタジオ撮影の際は、
セレンズさんのスタンダードなスタンドと台湾製スタンド+LEOFOTOミニ三脚を組み合わせたスタンド、
そしてカリノさんが作成してくれたドールスタンドの三種類を持っていき、
シチュエーションによって使い分けるようにしています。
そこへ背骨くんなどの自由に曲がるクリップやハリガネなどを用意しておくと、
髪や衣装が風になびく様子なども際限出来て、なお良いのかなと思います。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
せっかくコスモスアリーナに来たので、コスモスだけのカットも撮っておかねばと撮影。
コスモスは光が当たっていると色が淡いので直ぐハイライトが飛んでしまうので、アンダー気味で撮ってみました。

日の丸構図に限らず、どうしてこの構図にしたのか説得力みたいなものを持たせられたら良いのにな〜と、
撮影する度に思ってしまうのですが、そういったことが分かる日は果たしてやってくるのか、どうなのか。
たとえそんな日がやってこなかったとしても、生涯カメラはやめることはないと思うので、
もしかしたらそんなことは些細な問題なのかもしれません(ぇー


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
コスモスアリーナを後にして、その足はほっけさんのガレージへ。
そこで待っていたのは、Alfa Romeo 4C……\ヤバイ/

思わず童心にかえってしまうほどかっこ良過ぎたせいか、語彙が消失し小学生みたいな感想しか出てこなかったのですが、
写真からそのカッコ良さが少しでも伝われば良いなと感じます。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
友人のプロカメラマンの友人に譲って一度手放したEF85mm F1.2LU USMが、
EFマウントから鞍替えということで、ひょんなことから戻ってきました;(マテ

現在、EF85mm F1.4L IS USMも所持しているので、85mmが二つになってしまったわけなのですが、
父親が今度ライカからキヤノンに再びマウントを戻すということで、EF85mm F1.2LU USMは引き取ってくれるとのこと。
事実上、レンズは家族間で使い回しが可能なので、なかなか良い方向へ転んだのでは?と感じています。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF85mm F1.2LU USM



写真
現在のレンズラインナップは以下のとおり↓↓↓
-----------------------------------------------------
・CANON EF24mm F1.4LU USM
・CANON EF35mm F2.0
・CANON EF35mm F1.4LU USM
・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF85mm F1.2LU USM
・CANON EF85mm F1.4L IS USM
・CANON EF100mm F2.8L MACRO IS USM
・CANON EF135mm F2L USM
-----------------------------------------------------


さらっとEF35mm F1.4LU USMと書いてありますが、
先日マップカメラのポイントが失効寸前という大義名分を得たので購入してみました;。

ただ、ツイッターでフォローして頂いている方はもうご存知かもしれないのですが、
購入の翌日の旅行中に落としてカメラ共々粉砕(全損)してしまいました。
故障箇所はバッテリー以外全部なので、ほぼボディもレンズも新品になって戻ってくると思うのですが、
2月12日に修理??から戻ってくるということです(~□~ ) (~□..:;.:... (´:;....::;.:. :::;.. ..... シュワァァァ
これを機にJCB携行品保険プランに加入したのですが、
月々240円で1事故あたり3,000円の自己負担額にて、再調達に必要な金額を保証してくれます。

あと、今回の修理費はキヤノンフォトクラブに加入していたので、
2割引が適用され修理費が23万から19万程度になりました0(:3 )〜 =͟͟͞͞(’、3)_ヽ)_ オッフ
私はこの保険の存在を知らなかった為、こんな修理費になってしまいましたが、
こうならないように皆さんも転ばぬ先の杖ということで、携行品保険に加入を強く強くオススメ致します!(ゎーゎー


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF85mm F1.2LU USM



写真
段々お肉が胃にもたれる年齢になってはきましたが、やっぱりお肉美味しいですよね。

最近だとこの写真とは別のお店ですが、暴走熟成肉庫肉アバンギャルドというアキハバラにあるお店が、
ドール撮影おじさん達の中で激熱なお店だったりします。
ボクも2回ほど友人達と行ったのですが、もしかするとウルフギャングで食べるステーキより美味しいかもしれません。
気になった方はぜひぜひ訪れてみて下さい(〜 'ω' )〜 Lボーンが最高デスヨ


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LUUSM



写真
こちらは芦ヶ久保笑学校スタジオさんに三回目の来訪した際に撮った写真ですね。

この写真を撮った午前中は、かなり雲っていたので撮影があまり捗らなかったのですが、
午後からは晴れてくれたので何枚か気にいった写真が撮れたように思います。
やはり写真にはどうしたって光が必要不可欠です。

撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LUUSM



写真
同じ機材を使用していても、良い光の有る無しでこれくらいは普通に変化が出るので、
一つ上の写真と比べると質感が全然違いますよね_(┐「ε:)_


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LUUSM



写真
転んじゃっただけなんです、他意はないんです(ぇー


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF135mm F2.0L USM



写真
ゆうさんの最終決戦兵器こと、ことりちゃんさんですね(~¬~ ) オメガカワイイデスヨネ イロンハミトメマセン

実物のことりちゃんさんは、この写真の1000億倍は可愛いので気をつけて下さい。
不用意に視野に入れると可愛過ぎて、目が耐えられず失明する可能性があります。
ボクも撮影中たぶん3回か10回くらい失明しました(してません


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF85mm F1.2LU USM



写真
北池袋にあるスタジオミーティアさんを初めて借りてみました。
駅から結構遠いので立地的にはあまり良いと言えないのですが、撮影環境は最高だったと感じます。
ビルの最上階かつ白壁・白床かつ、スリガラスの窓から豊富に柔らかい光が入ってくることもあり、
撮影のし易さとしてはトップクラスではないでしょうか。
個人的にはグラシュシュさん、クークーさんと同じくらい好きなスタジオさんとなりました。
レフも何にも使わなくても夕方頃まで光がまわっている状態なので、
ここまで撮影し易いスタジオさんも珍しいような気がします。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
うさちゃん以上でも以下でもない、、、
ゆえにうさちゃんであるということでしょうか( ̄_ ̄ )。o0○(…深い)

こんなことばかり書いているから、頭が悪くなっちゃうのでしょうか。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF85mm F1.2LU USM



写真
こちらは言わずと知れた、もはやドール撮影おじさんの聖地と言っても過言ではないスタジオ グラシュシュさんですね。
もう何回訪れたか覚えていないほどご利用させて頂いているのですが、
最寄り駅からも近く内装もドールに適した内容となっていることや、
オーナーさんもドールユーザーに対しても気さくに接して頂けるので、大変有り難いスタジオさんだと思っています。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
良いスタジオさんの条件として、やはり良い光が入ってくるかどうかにかかっているように感じます。
どんなに内装が凝っていても自然光がほとんど入ってこなかったり、
フラッシュを焚こうにも壁に色が付いていて色かぶりしてしまう、このようなことも稀ですがないわけではありません。

誰にも得意なシチューエションというものが存在するかとは思うのですが、
ここを使わせて貰えれば一定のクオリティが保障されるという、
自分のホームのようなスタジオさんが見つけられると大変心強いですよね。
それも一つ二つと言わず、出来れば5つ以上はそういったお気に入りの場所があると困ることが無くなるように思います。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF24mm F1.4LU USM



写真
小細工無しに撮る写真の方が、良かったりすることが往々にしてあります。

光が良くて、目の前に愛してやまない被写体がいるならば、
たまにはストレートにシャッターを切るだけで良いのかもしれません。
アホみたいなことを散々書いた後では、何の説得力もないのですが本心からそう思っています(ぇー

たぶん、今回の内容で唯一説得力があったのは携行品保険に関しての部分だけなのかなと自負しているのですが、
とりあえず保険の大切さだけでも伝えられたなら、御の字だと思うことにします0(:3 )〜 =͟͟͞͞(’、3)_ヽ)_


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF135mm F2.0L USM



写真
上の方でもちょろっと書きましたが、この子達にも少なくとも今年中には弟と妹が出来ると思うのですが、
全員揃えば4姉弟になる予定です。
ボクはネーミングセンスが完全にアレなので、毎回命名は友人に頼んでいるのですが、
弟が春留(はる)君、末っ子になる妹は夏恋(かれん)ちゃんとなる予定です。

ボディや衣装などはコツコツ集めた甲斐あってとっくのとうに揃っているので、
あとは二人ともメイクをすれば完成と相成るわけなのですが、
去年は転職一年目ということで本当に時間が作れずどうにもなりませんでした_ (_ ¯﹃ ¯)_
最高に可愛い名前も用意して頂きましたし、今年こそは時間を捻出してどうにかしたいと思います、はい。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF135mm F2.0L USM



写真
最後の写真は、グラシュシュさんで撮ったうちの09さん(秋乃)で〆となります。
今回の更新は、早足で去年の総集編のような内容となってしまい、所々大きく端折らざる得なかったのですが、
機会があればお蔵入りした写真も出せたら良いなと思っています。

去年はわりと機材の入れ替わりがあったことや、
α7RVを使ったことでカメラに対する感覚が一時変化してしまい、
元々大した腕もないのでおこがましいのですけど、俗に言うスランプみたいな状態にもなっていたのですが、
そういう時は何でも一度受け入れて認めるところから初め、そこから自分を再構築していけば良いのかなと感じています。

作っては壊してを繰り返して、そうやって自分でも心の底から楽しんで好きだと思えるものを見つけていけたら良いのではないでしょうか。


撮影機材:EOS 5D Mark4&EF135mm F2.0L USM



ということで、大分長くなってしまいましたが、今回はここまでです!。
それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D MarkW
・SONY α7RV

・SIGMA MC-11

・CANON EF24mm F1.4LU USM
・CANON EF35mm F2.0
・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF85mm F1.2LU MACRO USM
・CANON EF100mm F2.8L IS MACRO USM
・CANON EF135mm F2L USM

・KENCO PRO1D プロテクター52mm
・KENKO ZX プロテクター67mm
・KENKO ZX プロテクター72mm×3
・KENKO ZX プロテクター77mm

・八仙堂 高級レンズフードねじ込み式 Φ72mm
・八仙堂 ねじ込み式レンズフード Φ72mm

・diagnl ダイアグナル Ninja Camera Strap38mm 一眼用 Black
・ONA UNION STREET RANGER TAN
・INCASE DSLR Pro Sling Pack

・Fotopro C-4i(チタン)
・carinoさん自作ミニライトスタンド

・LS DECO 穴あき丸レフ板80cm折りたたみ可能銀白
・NEEWER 5-in-1撮影用 折りたたみ式 レフ板(半透明) 60cmx90cm

・Lightloom CC
・PhotoShop CC
----------------------------------------
16
タグ: メモ 雑記 総集編

2018/11/6

関節を消してみた@グラシュシュ  ドルフィードリーム(DD)

おはようございます、こんにちは、こんばんわ!、ボーダーラインですm(_ _ )m

転職して家業を継いでから、早いもので半年以上が経過しました。
まだまだ自分のペースで時間の配分出来るようにはなっていないので、
なかなか趣味に使える時間までは増えないのですが、
相変わらず慌しくもやりがいのある毎日を過ごしていたりします。

さて、それはさておきまして、
今日はスタジオグラシュシュさんにて撮ってきたうちの子の写真をアップしていきますね。
写真自体は真夏の8月頃に撮ったものなので、少し前の写真となっております;。

それでは、写真を、、、ペタりっ。
写真
今日の記事の題名にもしていますが、関節を消してみました。

元々、フィギュアなどの関節を消すノウハウはある程度マスターしていたのですが、
撮影仲間のまんじゅうさんから関節をより上手く消す方法を教えて貰ったので、実践してみた次第です。

まず、関節を消すと見栄えが良くなるという効果があると思うのですが、いかがでしょうか?。
確かにドールらしさは薄れてしまうかとは思うのですが、
こういった試みも表現方法の一つとして面白いと個人的には考えています。



写真
ついでに、口元も変えてみました(オイ
表情が変わるとガラリとその子の持っている雰囲気が変わるので、これも面白いですよね。



写真
関節を消す方法自体は、フォトショップを少しかじっている人であれば、
さほど難しい技術ではないと思うのですが、節々に人間と同じように影や血管などを配置することで違和感を軽減しています。

スタンプツール、ゆがみツール、ブラシツールの3点の使い方にある程度慣れていれば、
それ以外は使いませんので、恐らくほとんどの方がマスター出来るはずです。



写真
写真ってどこまでが写真で、どこから先がCGのような扱いになるのかな?、
と質問を頂いたことがあるのですが、正直ボクにもそれは分かりません(~¬~;)

ただ、かの有名な映画監督のジョージ・ルーカス氏でさえ、
「空気がないため、宇宙で音がでることはない。」というコメントに対し、
「俺の宇宙では出るんだよ」という名言??を残しているので、
どんなにレタッチしようと自分が写真だと思ったら、それは写真なんだ。で良いと感じます(ぇー



写真
ジャンプ写真。おそらくこの時ドール写真としては、はじめて撮ったような気がします。

撮ってみると意外と難しく、気をつける点が何点かあることに気付かされました。
ポージングによっても違いはあるのですが、腰を手前に持ってきて捻るを加えることと、
膝から下の足の角度を上げ過ぎでは?と思うくらいしっかり上げきることが肝要で、
目で見た時よりもオーバーにポージングしておくと上手くいきやすいようです。

あとは、髪や服の紐部分などが躍動感が出るように浮いてるように演出出来れば、
撮る角度さえ間違えなければ大よそは成功するはずです。



写真
一つ上の写真では、135mmの画角で撮影しているのですが、こちらは50mmの画角で撮っています。

135mm以上の望遠で煽りで撮る時は圧縮効果の作用で上半身が、こちら側に少し起き上がってくるので若干短めに写りますが、
50mm以下で撮影する時は、煽りよりもやや俯瞰程度で撮る方が個人的には撮り易かったです。



写真
以下、適当に撮った写真を関節消したものとなります〜っ。



写真
にゃーんㄟ( θ﹏θ)厂



写真
意味ないけど、何となくかっこよく見えるポージングシリーズ(ぇー



写真
何となく肩紐をクイっと持ち上げるとセクシーに見えるシリーズ(ぇーぇー



写真
腋と腕の繋ぎ目がどういう風にすると違和感なく見えるのかが一番難しいというか、
元々何も無い部分に肉付けを行うことになるので、完全にファンタジーです(何



写真
パンツじゃなくて水着だからセーフ_(:3」∠)_ ダト シンジテイル



写真
カニー(V)o¥o(V) チョキチョキ



写真
それにしても、グラシュシュさんは本当に撮り易いスタジオさんですよね。
フラッシュを焚かずとも、それなりに綺麗に撮れてしまうので、とても撮影が簡単に出来てありがたいです。

やはり、光の入り方が絶妙であるという点に尽きると思うのですが、
内装が凝っていても入る光の状態が良くないと、どうしてもフラッシュなどに頼らざる得ないので、持ち込む機材の量が多くなるのが難点です;。
その点、グラシュシュさんは立地も内装も光の入り方もとても良いので、
人気のスタジオさんということも頷けます。

あと、ドールを撮影している者として何より有り難いのは、
スタジオの内装がある程度ドール撮影を想定していてくれる点です。
また、ドールのお店が沢山ある秋葉原から近いというのも、大きな利点の一つかもしれませんね。

社交辞令抜きに、数あるスタジオの中でドール撮影するにあたり、これほど良い条件が揃っているスタジオも早々無いような気がします。



写真
少し話が脱線してしまいましたが、良い光の場所で撮影すると各加工もやり易くなるので、
当然関節を消す際も楽にレタッチすること出来ました。

関節のレタッチを行うにつれて、普段人間の関節がどのような構造をしているのかなど、
あまり気にせず生きてきたので良い勉強になってような気もします。
関節を消す時にもそうですが、普段の撮影でもそれらが分かっていると、違和感無く自然に見せることが上手くなるような気さえします。



写真
はい、ということで、ここまでとなります〜っ!。

なかなか更新頻度が上がらず恐縮なのですが、
今回もここまで見て頂き感謝・感激・雨あられ??ということで、
それでは、また次の更新で!ノシ





----------------------------------------
・CANON EOS5D MarkW

・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF135mm F2L USM

・KENKO ZX プロテクター72mm×2

・diagnl ダイアグナル Ninja Camera Strap38mm 一眼用 Black

・Fotopro C-4i(チタン)
・carinoさん自作ミニライトスタンド

・LS DECO 穴あき丸レフ板80cm折りたたみ可能銀白
・NEEWER 5-in-1撮影用 折りたたみ式 レフ板(半透明) 60cmx90cm

・Lightloom CC
・PhotoShop CC
----------------------------------------
16



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ