2013/7/14

夏の会津 その1  旅行

先日、休暇を使い会津に行ってきました。

写真
東京から、会津若松へ行くには、まず浅草から東武鉄道の特急用100型電車“スペーシア”に乗り鬼怒川へ移動した後、
更にそこから野岩鉄道会津鬼怒川線に乗り換える必要があり、
乗車時間は片道約4時間ほど掛かるので、そこそこ長い道のりだったりします。

写真
スペーシアは指定席なので楽なのですが、鬼怒川から会津若松までが正直しんどいです_(:3 」∠ )_

写真
野岩鉄道は、ローカル線に分類されると思うのですが、
東京で乗るような電車とは違い、どことなくオープンな雰囲気。

写真
あと乗車中に、会津方面に関するパンフレットとか貰えたりします。

写真
東京から離れること数時間、外は見渡す限り、のどかな風景。

写真
鬼怒川辺りから、会津若松までに至るまでには、何ヵ所も有名な温泉地を経由するので、
外を眺めていると20〜30分に一回は、大体こんな景気が目に入ってきます。

写真
会津に近づくにつれ、“八重の桜”のポスターやのぼりがチラホラと。
今年のNHK大河ドラマ効果で、会津は空前の八重の桜ブームの様子。

写真
朝8時に浅草を出発し、昼の12時に会津若松に到着。

写真
うあー、めっちゃお腹空いた……。

写真
ということで、早速お蕎麦屋さん入ることに。

座った席の真横で、ソバを打っているところが見れたので、思わず一枚撮ってしまいました。
だけど注文したのは、何故かお蕎麦ではなく天ぷらセット的なモノをチョイス(オイ

写真
人生で二度目の会津若松。前回は去年の晩秋頃だったような。

写真
天気はあいにくの曇り空だったのですが、台風とぶつからなかっただけ良かったなーと。

写真
やけにレトロな形状のタクシーを向かって右側に発見。

写真
宿のある温泉街までの足として、このタクシーへ乗車。

見た目通り内装も普通のタクシーと違い、運転手さんも女性の方だったのですが、
色々会津のことも教えて貰ったりして、このタクシーを選んで正解でした。

写真
宿のある温泉街へ到着。
軽く周辺をブラブラしてみることに。

写真
昭和初期、もしくはそれ以前に建てられた建物も多く、町全体が結構レトロな雰囲気。

写真
軽く散策のつもりが、気が付いたら1時間くらい普通に経ってました。

写真
知らない場所に来ると、ワクワクするというか、こういうのも旅の醍醐味ですよね。

写真
山の斜面に立地している土地なので、人の手が行き届かない場所もチラホラ。
自分は、逆にこういう準廃墟みたいな場所は、味があってキライではなかったり。

写真
散策ついでに、足が疲れたので、足湯とか入ってみました。

写真
まだ、宿にも付いていないのですが、今回はここまででっす(ぇー

次回も、旅の続きを載せたいと思っています。
それでは、また次の更新でっ!ノシ


↓使用した撮影機材↓
----------------------------------------
・EOS 5D Mark2
・EF17-40mm F4L USM
・FUJIFILM X-E1
・XF35mm F1.4 R

・KENKO 77 PRO1D プロテクター(W)ワイド
・KENKO 52 PRO1D プロテクター(W)ワイド
・F-Foto 52mm クラシックメタルフード インナーレンズキャップセット

・Lightloom4.4
----------------------------------------
12
タグ: メモ 雑記 旅行



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ