2013/12/1

そうだ、京都に行こう10  旅行

無鄰庵を出た後、適当に京都を散策することにしました。
この後のスケジュールは、晩御飯を食べるだけとなっていたので、
ここからはノープランで適当に行くあてもなく歩いてみました(ぇー

あと“X-E1”のバッテリーが切れて、残るは“5D Mark2”のバッテリーが20%を残すのみ。
ある意味予定通りなのですが、かなり心許無い感じです(ぇーぇー

写真
とりあえず、京都駅方面へ歩を進めることに。

写真
そろそろ日も暮れてきて、お腹が空いてきたような。

写真
何か、見覚えのある場所だなと思っていたら、有名なあの場所でした。

写真
そう、祇園ですね。

写真
祇園へ来るつもりは無かったのですが、いつの間にか潜り込んでしまったので、
せっかくなのでちょっとだけ周囲を見て回ることに。

写真
この辺りで晩御飯でも良いかもしれないとか一瞬考えましたが、
看板に書いてある料金が時価だったり一ケタ多くないか?というような料金設定のお店が立ち並んでいる感じだったので、
これは流石に身分不相応だなと思い諦めました_(:3 」∠)_ 流石、祇園

写真
舞妓さんとか歩いてないかなーと、淡い期待を寄せていたのですが、
この日は観ることが出来ませんでした、残念。

写真
しかし、町並みが綺麗ですね。

写真
祇園は、八坂神社の門前町として鴨川から東大路通・八坂神社までの四条通りの南北に発展した、京都有数の花街ということなのですが、
北部の新橋通から白川沿いの地区は、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されているとのこと。

写真
段々と手振れ補正無しのF4通しレンズでは、撮影がキツくなってくる時間帯。
こういうシチュエーションに巡り合うと、高感度に強い機種とIS搭載してるレンズの組み合わせが羨ましくなるのですが、
妹が1年留学するのでその為に絶賛貯金中ということもあり、そんな贅沢は言ってられない状況だったり。

うちは姉二人に妹一人、真ん中に自分という姉弟構成なので、
全員大学を出るとなると学費も相当な金額になる為、姉弟で支えあっている状況なのですが、
留学費用全額は出せないまでもあっちで生活に困らないように、
出立の日までに纏まった金額くらいは用意しようと考えている次第。

自分も学生の頃、姉二人に相当助けて貰っていたので、今度は自分が頑張る番なのかなと。
端的に言うと、たまには兄らしいところを見せたいというわけですしおすし(マテ

写真
というか、個人的には“5D Mark2”も全然現役でイケルと思っているので、買い替える気などサラサラ無いような。

このカメラは、使えば使うほど味が出るというか、買ってから4年以上経ちますが、今でも素直に買って良かったと思っています。

写真
いつの間にか、鴨川付近に出てきてました。
この辺りも時間があったら撮影したかったのですが、そろそろ晩御飯を食べないとバスに乗る時間になってしまう為、泣く泣くスルー。

写真
ちなみに、晩御飯は豚しゃぶを食べたのですが、カメラのバッテリーが切れて撮影出来ませんでした(オイ

いい加減、予備バッテリーくらい買わないとダメかもしれませんね。
純正バッテリー6000円以上するので、いつも買うのを躊躇ってしまいますorz

写真
さてー、今日で京都編も終わりなのですが、、、長かったですねorz
今回で京都の写真は終わりますので、長らくお付き合い頂きありがとうございました。

それでは、また次の更新でっ!ノシ


↓撮影機材↓
----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2
・CANON EF17-40mm F4L USM
・CANON EF135mm F2L USM

・Lightloom4.4
・Digital Photo Professional ver.3.11.26.0
----------------------------------------
5
タグ: 京都 旅行 スナップ



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ