2015/3/26

風が強かった日  ポートレート

僭越ながら4月から本業にて役職付きとなるということで、3月はほぼ毎日引き継ぎやら新しく増えた業務やら何やらと、
おそらく多忙と言っても遜色ない日々を送っていたのですが、
全然趣味に浪費する時間を作れず参りました_(:3」∠)_ 上と下に挟まれるのやばす

暫くブログを放置して更新していなかったからか「ブログ辞めるん?」とか言われてしまいましたが、
このブログは自分にとって考えを整理したり、色々なことと繋がっていく為に必要なものだと思っているので、
可能な限り続けていきたいなと思っている所存です、はい。

写真
さておき、3月のはじめ頃有給を使ってポトレに行ってきました。

今月は、もう一人知人の舞台役者さんを撮る約束となっているのですが、やはり人を撮るのは楽しいですね。
スナップや物撮りでは得られないモノが多分に有ると感じます、、、その逆も然りですが。

写真
この日はかなり天気が良くて、雲もほとんど無いくらい快晴でした。
ただ風は結構強く、やたら寒かったのを覚えています、川沿いでしたしね。

風になびく髪にはシャッタースピードを上げて対応。
そのせいで何かポトレで使うようなSSではなくなってしまいましたが、その辺はあまり気にしないで下さい(ぇー
はっきり写し込み過ぎても微妙なので、合間をとってSS=1/400程度に調節しています。

写真
撮影に使用したレンズは我が家の伝家の宝刀である“EF135mm F2L USM”を使用。
このレンズは被写体の輪郭をフワっと柔らかく捉えてくれるので、ポートレートなんかでも活躍してくれています。
古いレンズですがF2.8まで絞れば何気に結構シャープですし、ボケも硬くなくスムーズなのでとても重宝していますが、
コーティングが古い世代のものなので野外の逆光時には結構気を使うことも。

最新のレンズと比べると本レンズが勝っている所は、数値に表れる部分では何一つ無いかもしれませんが、
設計が古いというのは逆に言えば最新のレンズには無い味を持っている事の裏返しでもあるので、
私にとって使っていて楽しいレンズの一つだったりします。

写真
あと話は少々変わり、先日写真家の友人から「いつまで下手くそのつもりでいるの?」という、
わりと心を抉られる一言を投げかけられたのですが、
それから暫く「そもそも上手い写真って何?」ということについて考えていたりします。

というか、何か自分の中の上手い写真像ってあんまりハッキリしないのですよね。
人の写真を見て上手いなと思ったり、感動したりすることはもちろんあるのですが、
そう思えば思うほど自分の写真が何なのか、さっぱり分からなくなります。

こういうことを考えている時にしか撮れない写真もあるという風に、ポジティブに考えられるようにはなったのですが、
それだけじゃ何かが足りないという気持ちも芽生え始めたような。
また暫く試行(思考)錯誤の日々になりそうです。

……今回はここまでです。
それでは、また次の更新でっ!ノシ


----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2
・CANON EF135mm F2L USM

・KENKO 72 PRO1D プロテクター(W)ワイド

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
8
タグ: ポトレ 撮影 カメラ



2015/3/29  9:43

投稿者:Borderline

>ryuseiさん
描き込みありがとうございます〜m(_ _ )m

わりと近い考えを私も持っていると思っているのですが、
その自分にとって気持ちが良い写真が何なのか見失ってる状態ですかね;。

道具が自分とかみ合ってないのか、それとも別に何かあるのか本当にさっぱりなのですが、
撮り続けてれば何か分かるのかもなーと、緩く考えていたりします。
答えが見つからなければ、それはそれで良いのかもしれませんが;。

とりあえず、暫く思考のスパイラルに突入ですw

2015/3/28  17:34

投稿者:ryusei

良いポートレート、上手い写真って多分、人によって違うと思うのです。
雑誌で見かけるような綺麗な商業写真的なモノを目標にする人は
多いですよね。でも僕は有名写真家風みたいな写真とか量産したり「上手い写真」に
こだわらなくてもいいと思うのです。
綺麗な写真よりも、撮り手側の気持ちと撮られるモデルさんの気持ちが見える
ような、自由な発想で撮る、自分らしさの追及の方が「自分にとって良い写真」
なんじゃないかと思います。

http://ryuseiz.exblog.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ