2015/10/8

受注の子のイメージショットと完成のお知らせ  ドルフィードリーム(DD)

受注を頂きました09ヘッドのメイクが、先ほど完了致しましたのでお知らせ致します。
メールでも既にご報告をさせて頂いておりますが、ブログの方でもご報告をさせて頂きますね。

写真
前回に引き続き、今回のメイク受注も09ヘッドの作成となりました。
ご希望頂いたリクエストも前回と同じく、アニメに登場する既存のキャラをモチーフをお選び頂きましたので、
ネット上から画像を何種類か集めある程度参考に致しました。

ただ、参考にご使用させて頂いたキャラのアイラインが、ドールにとっていささか使い辛い種類のタイプのものだったのと、
09ヘッドの相性を考慮してあくまで雰囲気のみリスペクトさせて頂いた次第です。


<その他にご希望頂いたリクエスト>
------------------------------------------------------
・妖艶さと幼さを同居させる
・西洋人風にも東洋人風にも出来る汎用性
・泣きボクロをつける
------------------------------------------------------


写真
そうして出来あがった子が、こちらになります。

コンセプトに子供でも大人でもないという曖昧さが必要だと判断したので、
全体の印象が中・高校生くらいの年齢になるようにように各部調整致しました。
09ヘッドはわりとクールで知的な子が作り易いイメージがあるので、
はじめ紙面上に下書きを描いた際お姉さんになり過ぎてしまい、どうやったら印象を若く出来るのか思案させられました。

なので、アイラインの調整だけでは足りないと考え、アゴ先と鼻を少しばかり削っております。
アゴ先と鼻先に若干丸みが出ることで、少し見た目の印象が幼くなる効果を期待して実施した次第です。

写真
リクエストに頂きましたので、今回は右目の下に泣きボクロを追加させて頂きました。
本当に泣きボクロの追加のリクエストは多いです、日増しに増えていっている印象すら受けます。

写真
また、具体的にリクエストには頂いておりませんでしたが、
都会に住んでいるというよりは、地方に住んでいそうなある種の純朴さや素朴さが残るよう調整していたりします。
もっと具体的に書くと、秋田県あたりに居そうな高校生をイメージして作成にあたっています。

写真
あと、泣きボクロが一番似合う県民は、個人的には秋田県民だと思っているのですが、
友人にこの件を話したら「ははっ、なんだそれ」と軽く一蹴されました。
良いのです拘りがあった方が作成にもなにかと熱が入るというものです(ぇー

写真
話が逸れましたので制作記に話を戻しますが、西洋人風にも東洋人風にも出来る汎用性というリクエストを頂きましたので、
アイラインは黒ではなく濃い茶色を選択しています。
今回のイメージショット撮影では使いませんでしたが、金髪や茶色のウィッグでもある程度似あうよう配慮してのことです。

あと、黒より茶に近い色を使用することで、全体の印象がマイルドになる効果も狙っています。
個人的な見解ですが、黒一色だとどうもクールな印象を助長しているように感じます。

写真
次に眉毛についてです。
写真だと分かりづらいのですが、一本塗りつぶすタイプではなく細い線の集合体として眉毛を描いています。
このタイプには横線タイプと縦線タイプがあるようなのですが、今回は横線タイプのものをチョイス致しました。

毎回このタイプでも良いのですが、リクエストの内容によっては使わないで欲しいとストップがかかることもあるのと、
確かにモチーフに選んで頂いた既存のキャラクターによっては、それがそぐわない場合もある様子でしたので使い分けるようにしています。

写真
下のアイラインも今回はかなり細かく描くタイプを選択し、3mm程度の幅に7本ほど線を描き込んでいます。
半年前までは3〜4本が限界だったのですが、現在は7〜8本程度までなら描くことが可能となりました。

これもただ細かくすれば良いというわけではなく、案件によって使い分けることが重要だと感じています。

写真
口元に関してはオーソドックスに口角を上げて、明るめの表情になるようにしています。

最近の課題は主にクチビルのムニっと感を出すことなのですが、
ツヤ出し出来るタイプの塗料を使えば簡単なのですけども、経年するうち塵や埃などで毛ばだってしまったり、
塗膜が劣化するという話を他のカスタマーさんから聞いたことがあるので、何か良い方法が無いか模索中です。
現在使用している手法は経年劣化し辛く個人的には気に入っているのですが、やはり選択肢は何種類か欲しいところです。

写真
ちなみに今回撮影で使用させて頂いたレジンアイは、毎回大変お世話になっているMM☆DROPさんのレジンアイとなっています。
私のメイクはMM☆DROPさんのレジンアイが起点になっていると言っても何ら過言ではありません。

写真
メイクとレジンアイの相性というものは、間違いなくあると思いますので、
どのカスタマーさんも必ずお気に入りのディーラーさんがあるはずなのですが、
何百ひょっとして何千とある中から心底ほれ込んだレジンアイに出会えたことは、
とてつもなく幸運なことなんだと今更ながらしみじみと感じています。

早くこのレジンアイに相応しい腕前や技術を身に付けていきたいものです。

写真
という感じに、今回もあーでもないこーでもないと色々と模索しながらではありましたが、
リテイクを頂くことなく無事お嫁に行くことが決定致しました。
この子が受注者様のところに行くことで、少しでも喜んで頂けるならば制作者冥利に尽きるというものです。

写真
メールでお伝えさせて頂きましたとおり、発送は仕事の関係で明後日か明々後日を予定しておりますので、
お受け取りの方を宜しくお願い致します。

もし修繕などが必要な事態が起こりましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。可能な限り無償で対応させて頂きたく思います。

それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2

・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF100mm F2.8L IS MACRO USM
・CANON EF135mm F2L USM

・KENKO ZetaQuintプロテクター72mm×2
・KENKO ZetaQuintプロテクター67mm

・Godox TT660
・ROGUE FlashBender ソフトボックスLキット
・ishoot pt-04tr
・ishoot pt-04

・LS DECO 白&銀 丸レフ板 90cm×2


・Manfrotto 173B ミニブーム
・Manfrotto 5001B ナノスタンド
・Avenger D200B グリップヘッド
・Bクリップ×2
・ユポ

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
9



2015/10/12  6:13

投稿者:Borderline

>サカポンさん
おはようございます、返信が遅くなってしまい失礼を致しました;。

沢山褒めて頂き感謝しますm(_ _;)m 次も頑張りたいと思います。
なかなか、思うようにドールの作成も写真も上達しませんが、
だから私を飽きさせないのだと思います。

以前は、上達しないことに苛立ちを感じることもあったのですが、
最近は下手なのは当たり前なのだから、それを認めてじゃあどうすれば良いのかと、
考えられるようになったような気がします。

写真にしてもドールにしても、もっと良いものが生み出せるよう努力を続けたいと思います。



2015/10/10  4:38

投稿者:サカポン

ドールを趣味にしていない私でも可愛いと思えます
写真の技術も高いですから見応えも十分
ひしひしと魅力が伝わってきます
お見事!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ