2014/12/17

大手パチンコメーカー倒産  報告・日誌

それだけ利益がでない、つまり人が来ないって事なのでしょう。
そもそも、パチンコを趣味にしても満足感は無いのですからね。


【在日経済崩壊】日本の癌、大手パチンコメーカー倒産キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 社長の御尊顔が半島すぎてクッソワロタwwwwwwwwww

そもそも、2000年に入ってからパチンコはユーザーが減って苦労したというのはあります。
そのために、若い女性を獲得しようと努力して結果的に男性顧客も減らして見たり、実際にはつまらないものだと認識させる結果になったり。

それでも、嵌った人がまだいるのはそのギャンブル性によるといっても過言ではありません。

金になる、っていう意識ですね。
特殊景品を設定して、別のところで換金させることで、法に抜け穴を作ったり警察との癒着などが取りざたされますが、まずこの部分において人間の意識にギャンブルであると認識されてしまっている事です。

だから、一発逆転だの当ればでかいだのといって自分を納得させて深みに嵌る人が多いわけです。

弱い心の部分をついた、とでもいいましょうか。

そういう面、つまり負の面しかない状態にあって、健全な娯楽面をしたところで無理がありますし、覚めた目で見る時だってあるのが多くの人だったりします。

さらに、アニメ、特撮、ゲームなどを題材にしているわけですから、そちらに興味が移った人も増えて行きます。

そうなればパチンコの無駄さ加減、搾取加減に気づく人もいますから、戻る事は無いのですね。

結果、版権や開発費などでにっちもさっちも行かなくなったメーカーはここ以外にも多数あるでしょう。

パチンコの問題が指摘され、改善されないまま進んで行けばパチンコは一般人の嫌悪の的となり消えて行くでしょう。

わたし達の活動は、その一般人の活動のひとつです。
事態を早く気づいて活動した、という点だけが違うだけで、多くの人の感覚として問題だらけ、あるいは問題しかないパチンコは廃止しないといけない!という意識をもって動いているに過ぎないのです。


  
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ