2015/4/28

でもそれが現実です。  報告・日誌

日本人が説明した日中戦争の経緯に「何も言えなくなった」と中国人

そもそも、中国というか清が欧米列強につぎつぎ領土を簒奪されていたのは事実なのですし、清が日本が今のままでは欧米列強に侵略されつくすからなんとかしましょう、と言いに行ったら笑って追い返しただかなんだかの事例もありますよね。

結局荒廃して、消えて行きましたけれど日本が統治したり始動したところはなんとか生き延びて、欧米からの独立をしてるのも事実なのですよね。

確かに、西欧列強に対抗するための無茶はありましたが、現実にはそうでもしなければ日本はおろか有色人種全てに累が及ぶ及ぶという事もあったのです。
そういう面を抜きにして反日ばかりでなんとかしてきたから常に崩壊している状態なのではないでしょうか?


因みに、崩壊は壊れ行く様なのでそれが終わると崩壊後という事になるのですね。
そして、よくネトウヨは崩壊する崩壊すると嘘をつくというサヨク関係の人がいるのですが、崩壊は現在進行形なのです。

崩壊が始まったと言われる年から常に中国や韓国は崩れていきつづけているからこそ、崩壊というのですから。

そんな状態をなんとかしようと色々批判をしていた人たちを差別主義者だ嫉妬してるだと言って排除した結果、戻るに戻れない状態になっているという事なのです。

あとは完全に壊れる壊滅状態になるしかないかもしれませんが、ただそれらの警告地味見た事を無視するような報道などの資金源にあったものを考えるとなるといろいろ、私たちにも思い当たる存在はあるのではないでしょうか?

つまり見方を変えるというか可能性として論じるのならばパチンコマネーで行われた反日は、日本よりも中国と韓国の崩壊を加速させていた、という事かもしれません。

こういう見方をしてみるのも面白い事が見えてくるかもしれませんね。


  
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ