2012/4/30

SIMPSON ヘルメットブック  SIMPSON全般
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


SIMPSONヘルメットの歴史をつづった本を出せないかなと調べていると、日系の方でRin Tanakaさんという方が1930−1990年代のヘルメットの歴史を書いた本を出しているのを知り、購入しました。  シンプソンに関しては1ページのみ。 大半がベルに関しての物でした。

早速本人に連絡を取り、シンプソンの写真や資料をお持ちなら貸して頂けないか聞いてみました。 しかし返事は当時フィルムによる取材だったため資料は残っていないとの事。 取材の大半がベルであったため、シンプソンはどちらにしろ少ない。 ベルにしろ、他のヘルメット取材も資料的な物が極端に少なく当時を覚えている人も少ないため、大変苦労したとおっしゃってました。  

やはりヘルメットは頭部保護用品の一部でありメインにはなり得ない運命にあったのでしょう。 Bill Simpsonが存命のうちに聞けるだけの事は聞き、借りられる写真はすべて借り、本として残すのがBill Simpsonへの恩返しになるのではと思い始めています。


13

2012/5/3  9:01

投稿者:kaz
オフィシャルブックの作成は
企業にとっても自社資料として価値のある物に
なりませんでしょうか?

シンプソンについて知りたい事たくさん♪
時間がかかっても良いです。待っております。。

2012/5/2  21:26

投稿者:mag親父
オフィシャルブック製作。
それも楽しみですがそっちに傾注してM50の販売が遅れないことを祈るばかりです。

2012/5/2  0:23

投稿者:butamini
いや、広大なアメリカにはナンバープレート10万で驚く他国民(残らない
歴史のある日本人ダメダメ)を除き、その手がいるはず。自ら探さないのも罪
。必ずいる。コレクターが。

その手の歴史を紐解くのは管理人さんの仕事でもあるわけです。やるなら徹
底しても「男」面白いじゃないですか。

あれだけ紹介したドラック関連からは探せないのですか?

2012/5/1  23:24

投稿者:meteorwurm
オフィシャルブックの編纂は時間がかかる割に喜ぶのが極々一部のマニアのみかもしれないという労力とその結果が釣り合い難い内容だとは思われます。
しかし、通常の工業製品の生産会社ならば生産商品とその年表・モデルの変遷を綴っていて、商品の部品生産・供給・保管の目安にしているものだとばかり思っていました。
ここは本社も合同で社史を作って頂いて、いまや暗黒時代と化している年表をはっきりとさせて頂ければ嬉しいです。
各モデル別・シェルサイズ・純正色・主要ドライバー主要ライダーのカラーリング・オプションパーツ・オプション可能オーダー内容・代表的な使われ方等々。
知りたい事は沢山あります。
是非てんこ盛りでお願い致します。

2012/5/1  20:57

投稿者:おにいち
紙媒体が廃れてきていますが、ウェブではなく手に取れ
る喜び?所有感?ってありますよね。 時間かかっても
良いので、作って頂ければうれしく思います。

http://blog.livedoor.jp/kiichi_h_2000/

2012/5/1  20:54

投稿者:sato136aper
出版記念握手会&サイン会は?(笑)

2012/5/1  20:24

投稿者:RX
管理人様

BBSで私が出して!ってお願いしてたので、なんか変な感じです!

お願い聞いてくれたんですかねぇ〜?

早く出ないかなぁ〜!



2012/5/1  19:13

投稿者:Mark
期待してます・・

http://plaza.rakutenco.jp/VTR1000F/

2012/5/1  16:55

投稿者:MACH H2
是非!期待しています。
保管用にも一冊。二冊買いますよ、

2012/5/1  8:18

投稿者:KZ SC38
手にとって見れるカタログっていいですね。

ヒストリーブックNORIX版 見たいなあ

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ