2013/4/12

ホッピー、ポゴスティック、ホッピング  
クリックすると元のサイズで表示します

元来日本では、木の棒に乗って飛び跳ねる「高足」と呼ばれる芸が平安時代か[2]それ以前から行われていた。

ばねの付いたポゴスティックは、1930年頃に『スポオツヂャンプ』の商品名で発売され、「脳が良くなる」と宣伝されていた。

1957年頃に『ホッピング』と命名されたポゴスティックが発売される。バランス感覚を競う子供の遊びとして全国に流行したが、「ポゴをやり過ぎると胃下垂になる」という噂が広がり、ブームは沈静化して廃れて行った。

1980年頃、今度はバンダイが『スカイホッピー』として発売すると、第一次ブームを知らない子供達の間で再び流行した。1984年にナムコより発売されたアーケードゲーム『パックランド』にも登場している。

ウィキ参照

当時子供の頃憧れてたおもちゃの一つです! ここで最近また欧米でホッピーブームの到来です。 この動画を見て私の第一印象が技かっこよすぎ、1990年代の頃に学校でこんな技を披露出来たら間違えなく学校の人気者になりますねw 
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ