2013/7/30

シンプソンヘルメットとオーストラリアの来客者!  SIMPSON全般
クリックすると元のサイズで表示します

ヨーロッパの方でもシンプソンヘルメットは大人気!シンプソンヘルメットはヨーロッパでもやはり4輪用で売られて、未だに2輪用のシンプソンヘルメットは購入できないとの事。もしもヨーロッパで2輪用のNorixM30が売るとしたら。。。爆発的に売れる気がする!?と思っております。

海外でも間違えなくM30はヒットすると思うのです。。が。。この話はまた次回させていただきます。


話が完全に逸れますが先日オーストラリアから来客が来ました!アシスタントの記事通り、オーストラリアのジョンさんは熱狂的なM30ファンでM30の事を語りたいオーラがもの凄く出てましたw

M30の話をしている間に他のシンプソンヘルメットも見てみます?と尋ねたところ「いや、いい。俺は生涯ずっとM30だ!」と本当にM30だけと見つめ合い、他のシンプソンヘルメットなんかは目に留まる事無く、スカレイプス1と2が完全放置でしたw 「このM30がグラファイト色(ガンメタル)とブラックのシールドがあれば俺の25年の夢が叶う!」残念ながら私たちはその夢を叶える事は出来なかったのです。「そうか、じゃ日本に行くしかないか」と真剣に奥さんの事を見つめながら奥さんはただただ笑う事しかできなかったみたいです(彼は真剣です)

M30を変えるとしたらどこを変えますかと尋ねた所、ヘルメットをドンとテーブルに置き「いやいやいや、M30はこのままでいい。。このラインが素晴らしい!ん?ここちょっと昔と違うな」と語り初め結果的には今のモデルも最高みたいです!

帰り際に記念として写真を撮らせていただきました。久しぶりにこんなニコニコした写真を見れました!いやぁー 他に来客者来ないかな〜 お待ちしております!w ^^

下の画像は70年代80年代に作られたシンプソンのヘルメットです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

https://www.facebook.com/Simpson.EUから引用
6

2013/8/6  0:54

投稿者:Mark
>Shooさま
>>https://www.facebook.com/Simpson.EUから引用

いつの間にやら、追記されているのですが・・(汗)

”引用”の意味わかります?
記事の内容を紹介することが前提で”引用”を使うのですよ

『SIMPSON EUのFacebookで古いシンプソンの紹介記事から』または『画像はSIMPSON EUがFacebookに投稿したものです』という説明(コメント)が欲しいと思います

日本語も日本人も難しいと思うけどね(笑)

http://plaza.rakuten.co.jp/vtr1000f/

2013/8/6  0:38

投稿者:Mark
>>画像はSIMPSON EUの記事から引っ張ってきたものなんですね。

いやぁ・・Facebookからぶっこ抜いてきただけかと(汗)

いちお、ココってメーカーオフィシャルのしかも社員が書いているわけで・・マズいでしょ

事前に投稿者と連絡を取ったうえで「どうぞ使ってください」とOKもらっているなら問題ないけどね・・

そうでないのなら、”メーカーとして絶対NG”です
わかってもらえないかなぁ・・(汗)

http://plaza.rakuten.co.jp/vtr1000f/

2013/8/6  0:03

投稿者:meteorwurm
>Markさん

失礼しました。画像はSIMPSON EUの記事から引っ張ってきたものなんですね。
てっきりNORIXで資料としてM50みたいに収集しているのかと勘違いしました。申し訳無い。

2013/8/5  12:09

投稿者:Mark
>>これだけのサンプルヘルメットを買い集めている現状からすると、次回マイナーチェンジ時にはきちんとシェイプされた帽体を拝めるはずです。

え?誰が買い集めてるの???

2013/8/5  1:00

投稿者:saury
meteorwurmさん>
実は「不便なのは承知でフリーストップすら取っ払った、一見すると当時物相当。でもシールドの強度やUVカット性能といった基本性能はきっちり最新」っていうのは一つの進化系、あるいはバリエーションモデルとしての存在価値はあると思うんですよ。

日本の大手メーカーさんですら全くもって冷淡な分野ですが、シンプソンの長年の好敵手ベルの4輪用だと例えばこんなのも…。
http://www.bellracing.jp/2013/_classic_type.html

おそらくは彼の地のクラシックレーシングカー愛好家は、ここぞという晴れの場でコレを引っ張り出してギャラリーに本気の走りを披露するんでしょう。

Shooさん>
まあ実際に「海外仕様」を今すぐ販売となると色々ハードルはあるかもしれないとしても、熱心なゲストの皆さんからどんどん試着データとか要望とかは手に入れてくださいね。

2013/8/4  12:25

投稿者:V3
meteorwurmさん
全くそのと〜りです。(笑)

2013/8/3  23:23

投稿者:meteorwurm
>V3さん

>そ〜思うと、M30の進化を今後期待したいです。

M30は外観に手を入れる箇所は無い筈です。
これこそThe SIMPSON!
M30がThe SIMPSONなのです。
これだけのサンプルヘルメットを買い集めている現状からすると、次回マイナーチェンジ時にはきちんとシェイプされた帽体を拝めるはずです。
オリジナルM30のコピーならば良いんです。
でも、復刻版スモールシェルのアイポートとチンガードのバランスには今でも疑問符を持ち続けるのです。
チンガードが小さい。するとアイポートが大きく見える。当然です。
M30は全体のバランスがキモだと思いますので、ひたすらにコンパクトで軽量な現行復刻版M30スモールシェルとは別に、デザイン・バランスを重視したスモールシェルも開発して欲しいです。
それともやはりラージシェルにスモール対応EPSを生産して組み込んで・・・シェル1サイズのみに。ラージシェルでも十分コンパクトなんですけどねぇ。

あぁM30の事なら今でも幾らでも書き込めますよ!
だって私、M30馬鹿ですから。

2013/8/3  8:47

投稿者:V3
meteorwurmさん
書き込みを読んで!
「そ〜か!」と思いました。
私も、M30魂!命!ただ思いました。

各ミーティングの、じゃんけん大会で・・・
何故か参加?意志が無いのでした・・・

今!考えると、M30を手にしたので
他の種類のヘルメットに興味が無く成った・・・
結果ではないのでしょうか?(爆)

そ〜思うと、M30の進化を今後期待したいです。

2013/8/2  23:49

投稿者:meteorwurm
オーストラリアのジョンさんもフランスのジャンさんも
多分M30以外はどうでもいいので、
シンプソンミーティングに呼んでも来ないでしょう。

でもM30復刻時に意見を出し合ったM30マニアとの
「M30ミーティング」ならば来ると思いますけど。
でも、その皆さんともなかなか会えないんですけどね。
M30改さんとなんて、同じ福岡なのにまだ会えませんよ。

世界中のM30マニアにあの復刻劇を味わって欲しかった。
私はその中に偶然居合わせた幸せ者なんですよね。
何と言っても復刻される記事が出る2ヶ月前まで自宅にネット環境が無かったんですから。
いやいや 人生に必然なタイミングってありますよ。

2013/8/2  7:56

投稿者:Shoo
@yuki

是非一度、シンプソンミーティングに来てほしいですね!ジョンさんでしたら間違えなく感動します、シンプソンファンユーザーがこんなにも!という感じで。
あぁー一度招待したいですね〜

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ