2015/9/8

オフロード  SIMPSON全般
クリックすると元のサイズで表示します

つい最近、GS3 MXというヘルメットについてのお問い合わせをいただきました。

こちらのヘルメットはモーターサイクルのオフロード用に以前シンプソンが販売していたモデルです。

調べて見ると2004年ごろの話です。

この時期、シンプソンはモーターサイクル用の商品を豊富にしようと計画を立てました。

特にオフロード向けに商品展開をしようと新たな部を発足し開発を進めたのです。

ヘルメットはもちろん、スーツ、アパレル、小物にいたるまでデザインし販売を始めました。

ところがこの計画は開始後すぐに頓挫。ほとんどの商品が生産中止となりました。

残念ながらこの頃の商品は今はシンプソン本社にもストックがない状態です。

それ以降はそれまで通り四輪系のラインナップ中心できたシンプソン。

最近になって復刻版のM30とM50が本国でも発売されたことからまたモーターサイクル用商品が盛り返したらいいな、と個人的に期待しております。

1

2015/9/10  0:19

投稿者:Custom-Junkie
私には今が旬のオフメット。

SIMPSONには本格的オフメットが無いのでSHOEIのVFX-Wを購入しました。
本当は、SIMPSONのオフヘルがあれば欲しかったんですけどね。

たしかこのメット、自社生産じゃないGS3のオフメットをSIMPSONブランドで販売してた・・・んだったような、違いましたっけ?

2015/9/9  20:25

投稿者:saury
うーん2004年頃のオフロードヘルメットと聞いてから見ると…
「当時の時点で既に古い」って感じじゃないし悪くはないけど
あまりに平凡というか…「これだとシンプソンじゃなくても良い」
ってなりそうですね(苦笑)。

これだったら4輪レースのメカニック用メインで展開して
「でもDOTもスネルも取ってるからバイク乗る時に使ってもいいよ」
の方が商売になりそうというか…。

シンプソンの「根っこ」が基本的に4輪用ヘルメットで
(そりゃベルもそうだろう、ってなるのかもしれませんが)、
まだ4輪用と2輪用の垣根が今ほどくっきり分かれてなかった頃に
多分ホントは4輪用だったジェットやフルフェイスを
2輪用に転用した人達が居たのが始まり…じゃないかと推測するので
「それなら4輪用のホンモノ感をなるべくそのまま」
って方が成功しそうな気もするんですよね。

個人的にはジュニア用スピードウェイシャークが大人用の半額くらいなのを見て
「これで大人用サイズ用意して、2輪用規格取得に『最低限の』
修正を入れてSG取って売ってくれれば…」なんですけど(笑)。

そういえばデビルレイとかベネター(って読むんですか?)、
さらに廉価版っぽいK-10とかは件のモトクロス用と一緒で
「シンプソンなのにシンプソンっぽくない…なんか普通…」
って見えてしまうのですが(苦笑)、この辺は案外
普通に売れちゃったりしてるんでしょうか。

あるいはM30やBANDIT、RX系みたいなのが「シンプソンの顔」
と思われていた頃にはボイジャーやシャークも異端と思われたかもしれないし、
そこは「4輪業界におけるシンプソンの信頼」が
新しい形を受け入れてきたのかもしれませんが。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ