2016/3/30

シンプソン初期モデル  SIMPSON全般
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


過去ブログでも記事にした事がありますが、初期のシンプソンンヘルメットのカタログをアップします。 M14とM32はどう見ても同じに見えるのは私だけでしょうか?  RX1はやはりカッコ良いと思います。  70年代から2000年前半までビルシンプソン一人で全てのヘルメットをデザインした事はあまり知られていません。「全部自分がデザインした」と自慢げに話していた姿が今でも懐かしく目に浮かびます。    





4

2016/4/3  13:15

投稿者:saury
この「アイポートの下側ラインがストレート系」の製品は
後年のVOYAGERやSHARKの系統に進化するんでしょうか…。

V3さん>
もし今後SHARK/VUDO系の2輪用モデルを作る話になって
スクエアな形状のフリーストップシールドが出来てくれば
M30のカットライン変更したところにその新シールド付けて、
とかは出来るかもしれませんよ?

走行時の着用を前提としない純粋な装飾品(またはモックアップ)
ならば、アイポート下側をパテ埋めでストレートにしたM30に
帽体に沿って曲げられる程度の厚みの平板を切ったシールドを
取り付ける、でも作れそう…。

いや、M30のアイポートを狭める方向で加工したのであれば
M30用純正シールドの裾をギコギコ平らに切っても良いかな?

2016/3/31  12:41

投稿者:V3
ちょっと考えたのですが・・・
SB13にM30の口&顎 周りを加工して
はめ込み
M14&M32を造る!って提案は
如何でしょう?(笑)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ