2016/4/28

SIMPSON GS3 覚えてますか?  SIMPSON全般
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2004年 SIMPSONは米国本国で2輪専用ブランドGS3を発表。HORIZON MXやMXのオフロードモデルとWARRIORやAVENGERのオンロードモデル、それに付随したアパレルやグローブまでフルラインナップ体制で準備万端だった。  

あまり売れず、在庫ばかり増えた。 結局泣かず飛ばずで数年で自然消滅した。SIMPSONの投資の中でワースト3に入る失敗だったはずだ。

2輪に関してはNORIXの方がはるかに経験がある。 にも関わらずBill SIMPSONから会社を買収して数年しか経っておらず、旧SIMPSON側の人間(Bill SIMPSONとは個人的な付き合いだった)にアドバイスを求める事は抵抗があったのかもしれない。 


Norixから提供している2輪モデルM30とM50の米国でのヒットに気を良くして、何を勘違いしたかゴーストバンディットを米国で販売すると言う。 日本でも販売してはどうかと言われたが昨年試作品を見た時、正直に「これはダメだ売れない」と答えた。  しかし担当者の肝いりで今更後に引けないらしい。 私の懸念通りゴーストはまったく不評でM30やM50の米国販売にまで影響が出なければと願うばかりだ。  GS3の二の舞にならなければ良いが。 



クリックすると元のサイズで表示します



0

2016/5/1  10:40

投稿者:saury
SHOEIさんのスモールジェットのJ・OのサイズでシェルとEPSの間に
シールドをビルトイン出来るのが今時の技術、と考えると
確かに「ファンが思うシンプソンの形」を維持したまま
インナーサンシェードを装備したモデルというのは
成立する可能性はあるわけですね…。

あの構成でインナーサンシェードを通してしまうと
前頭部のスライドベンチレーションは取り付けが難しくなりますが
そこは顎のスリットと頭頂部のシャークスリットの効率で
何とかする、ということで。

シールドのクイックリリース機構に関しては
果たしてシンプソンユーザーの何割にニーズがあるのかとも
思いますが…。
実はYFCさん扱いの4輪用BELLはシールド固定がインチのHEXで
それを緩めるシールドレンチが、ちょうどキーホルダーみたいに
上手くデザインされたもので…
http://www.bellracing.jp/2015/_accesories1.html
単品で買う買うと税抜2,700円ですけどヘルメット買うと
漏れなく1個付いてきます(笑)。

4輪用のUSシンプソンだとミリHEXだからもっと簡単ですが
(ただしNorix式の樹脂ネジでHEXは無理でしょうけどね…)
「見えてるネジ1対外すだけがそんなに大変な作業か?」
ってのは思いますね…。

Norixシンプソンの場合はコイン前提の大き目のマイナスネジ
ですけど、それじゃ「ネジのサイズに一番最適化したサイズの
ゲームコインっぽくデザインされて、かつキーリング通す穴の
開いたやつ」とかを「ヘルメット買うと1個オマケ、単品売り有り」
てのも良いと思いますよ。

あ…もちろん自販機やATMが硬貨と誤認識しないように
形状や重さをきちんと検討しないと駄目ですけど。

2016/5/1  1:44

投稿者:meteorwurm
ストリートバンディットもゴーストバンディットも西洋人の頭蓋骨用なのでチンガードが前に飛び出ていて、それに引っ張られてシールドが大口径化して しかもスラントするなんて誠に遺憾なのです。
シンプソンヘルメットのシールドはヴァーティカル&ナロゥにして頂きたいのですよ。

カスタムジャンキーさんの比較画像を見ると、それが顕著なのですが・・・カスタムジャンキーさんは画像を撮影されるのが上手なので、RX12の方が格好良く撮影されているのにビビッときました。
あぁ こう撮影するとRX12は格好良いのか、と。

2016/4/30  16:48

投稿者:Custom-Junkie
GBの発売がアナウンスされた時、SIMPSONも新しい事始めようとしてるなぁ・・・と単純にうれしくて、購入して応援しようと思ったんですけどねぇ。

以前から言われていた事ですがNorix様のオリジナルで、こんなのどうだ!!とSIMPSONに提案しては如何ですか?
例え没になっても、ここで愚痴るより遥かに建設的ですよ。
旧モデルや既存モデルの焼き直しでは先が見えています。
個人的には、M30とM50が無くならなければ問題ないですけど・・・。

まぁ、素人が言わなくても水面下では行われてるのかもしれませんが・・・。

2016/4/30  16:44

投稿者:saury
そういえばイタリアで思い出したんですけど
Stiloとの関係っていうのは日本では今後どうなるんでしょうね…。
前にも言った通りで確かサーキットレース系のヘルメットは
ミハエル・クルム選手の会社で扱ってるし、
ラリー用も他の代理店さんがあったはずではあるので
彼らの権利は尊重されなくてはいけない、というのはあるし。

ただ、トレーダーハウスさんが運営しているオンラインストアで
「シンプソンに加えてStiloの製品も(彼らから仕入れて)
売るよ!」ということなら選択肢とか相互補完の面では良いかも。

ヘルメットはStiloだけどHANSやその他のドライビングギアは
全てシンプソン、てのはありうる選択ですからね…。
アメリカでもヘルメットは他社製品を使っていても
ウェア類はシンプソン、とか
あるいはその逆(ウェア類が欧州系でヘルメットがシンプソン)
とかはよく見ることですから。

2016/4/30  13:33

投稿者:管理人
Custom-junkie様

確かにGBには罪はありません 私が一方的に嫌っているだけです 申し訳ございません。 昨年試作品を見せられた時からずっと嫌いで 今がピークかもしれません 見たら腹が立ちます でもいつか好きになる事があるのかもしれませんね

2016/4/30  13:25

投稿者:Mark
>>これはSIMPSON本社の商品開発の考え方であって・・・

まぁ、企画とか販促会議で議論されることですよね(笑)
ここらへんは、US SIMPSONの二輪ヘッルメット部門が盛り上がりに欠けているという力関係によるのでしょう

二輪ヘルメット部門をアピールして社内での”力”を持つためにまずは”売れそうなモノ”を用意する必要があるし、それが自腹を切らずとも、コストやリスクも含めて”かって出てくれる”誰かがいればお任せしてしまうのが合理的であります

でも、それが透けて見えちゃったのですよねぇ(^^;

わたくし個人は、それなりの価格のモノに対して、理念とかヒストリーとか・・そんなものまで求めてしまうので、『ヤフオクのアレら・・』と思えてしまった時点で「これは買わないなぁ」でした(汗)

ああ・・GBがフリップアップのシステムヘルメットだったら一考したかもしれません(笑)
いちお書いておくと、カッコ悪いとは全然思ってません、特にサイドは「カッコええぇぇぇ!」です


http://plaza.rakuten.co.jp/VTR1000F/

2016/4/30  12:55

投稿者:Custom-Junkie
管理人様

>>もっと腹の立つのは型、デザインを含め一切をイタリアの会社が負担。 シンプソンはリスク無しのため、なんでもOK。 評判落としてもOKの姿勢が許せない。 ブランドイメージの責任を感じて欲しい。
(人の事を言えた立場ではないのですが (汗)

これはSIMPSON本社の商品開発の考え方であって販売されているGBの良し悪しにはまったく関係無い問題だと思いますが・・・。
だってヘルメットとしては十分な性能を持ち合わせています。
まぁ、見た目の好き嫌いは別ですけどね。


疑問様
質問に答えてませんでした、フィッティングの問題ですが、私は大丈夫です。
ですが米国SIMPSONのままでも比較的フィッティングに不満を感じない人なので参考にならないかも知れませんが・・・。

2016/4/30  12:39

投稿者:Custom-Junkie
なんだか久しぶりに活気のあるコメント欄でうれしいですね。

参考画像を掲示板の方に上げておきました、気になる方はご覧下さい。

RX12の比較画像を見て頂くと分かるのですが、GBはアイポートが必要以上に大きく、間延び感があるとおもいますので、従来のSIMPSONファンにはとっつきにくいのかもしれません。

好き嫌いの問題は個人差があるので、しかたがないことですから。
まぁ情報が少ないので、それも当たり前ですね。

2016/4/30  12:04

投稿者:管理人
Mark様

流石良く分かってらっしゃる。 

>>先のイタリア企業に丸投げしてできたのがコレだということでして 『SIMPSON顔くっつけました・・OK?』

もっと腹の立つのは型、デザインを含め一切をイタリアの会社が負担。 シンプソンはリスク無しのため、なんでもOK。 評判落としてもOKの姿勢が許せない。 ブランドイメージの責任を感じて欲しい。
(人の事を言えた立場ではないのですが (汗)

2016/4/30  10:00

投稿者:Mark
>>このゴーストバンディットを見ると何故か無性に腹が立ってくるので・・・

あははっ・・べつに製品としてはアリなんですよねぇ
自身の「コレジャナイ感ハンパない」の原因は

どこか別のメーカーで見たような???(汗)

OEMヘルメット専業のイタリア企業に発注した製品とのことで何となく納得(笑)

ヨーロッパ系の日本では聞いたこともないメーカーのいろんなテイストやエッセンスがごちゃまぜのSIMPSON顔ヘルメット

もちろん発注元は紛れもなくUS SIMPSONですからパチもんではありません、カッコいい!と思ったら良いと思います、インナーシールドも魅力的であります(笑)

ようするに、US SIMPSONが「イマドキのかっちょいいヤツ作ってよ」と先のイタリア企業に丸投げしてできたのがコレだということでして

『SIMPSON顔くっつけました・・OK?』

ヤフオクなどにわんさと出品されているシンプソン風というあれらと同じ匂いを感じてしまうのです・・

http://plaza.rakuten.co.jp/VTR1000F/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ