2016/4/29

3ない運動と3たい運動  
クリックすると元のサイズで表示します


1980年代、バイクブームに伴い増加した交通事故件数や、全国各地で増えた暴走族による危険走行や騒音によって「バイクは危険な乗り物、暴走族の乗り物」といった、オートバイに対する否定的なイメージが社会に広まった。

そこで1982年(昭和57年)、社団法人全国高等学校PTA連合会は高校生の生命を尊重する観点から、仙台大会にて「オートバイの免許を取らせない」・「オートバイに乗せない」・「オートバイを買わせない」といった3つの指針を掲げた「三ない運動」を推進することを決議した。

1989年 6月号のオートバイ雑誌に面白い記事を見つけた。 「三ない運動」に対抗して「三たい運動」の推進だ。 「オートバイの免許を取りたい」・「オートバイに乗りたい」・「オートバイを買いたい」

その記事の中での意見

 「私は三ないをぶっとばそうと思っても今の状態では100%無理だと思います。 私が中免を取りに行った時の事。 トイレで茶髪の不良高校生がいきなり「タバコくれ」と言ってきたのです。ここで私の言いたいのは世の中の発言権を握る大人にバイクは不良の乗り物だと思われても仕方がないという事です。 教習所で法律で禁止されている喫煙を堂々と吸っているアホンダラの高校生もいるのですから。 3ないに文句を言うのではなく、どうやったら3ない派に自分たちの意見を聞いてもらえるかが大切だと思うのです」

「僕は基本的には3たい派なんだ。 しかし最近の高校生ライダーを見ていると、思わず3ないを叫びたくなってしまう。 あまりに他人の事を考えないライダーが多すぎるからだ。 本気で三ないに反対するならもっと他人の事を考えて走って欲しい気がする。 自由に走ると、自分勝手に走るでは意味が違う事に気づいて欲しい」





27年前の雑誌から読み取れるのは読者のほとんどが高校生や20代の若者だったという事。 当時の若者が27年後にはオートバイ乗りのほとんどが50代になるとは夢にも思わなかったに違いない。 というか当時の若者がそのまま歳を取って今も現役、あるいはリターンライダーになったのかもしれない。

3ないで育った若者、現役の高校生、オートバイの楽しさを知らないまま一生を終えるは不幸のような気がする。 


 
5

2016/5/3  8:51

投稿者:管理人
私が現役ライダーの頃は任意保険の認識は誰も持っていなかったと思います。 事実、私も加入していませんでした。  今思うと、恐ろしいですね。

2016/5/2  0:59

投稿者:meteorwurm
オートバイに乗らないのは善し悪し含めて通常とは違うベクトルに一歩踏み出すとは思います。
幸か不幸かは自分次第。
ベクトルがプラスに向かうといいですね。

しかし 若年層の任意保険がもう少し安くならないものか・・・自賠責は安くなったので250cc超でも車検自体はきつくは無いが、安心して運転する為の保険が高くてはライダー側の若年デビューを阻止する様なものです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ