2016/9/3

GT-RNI  DIAMONDBACK
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

SIMPSON四輪製品をお買い上げのお客様から愛車の写真を送っていただきました。

GT-RNI。

NI仕様を大事にしているためEGはNIのままで馬力は対してあげていないそうですが、SIMPSON製品を使って面白い車に仕上げていきたい!と意気込んでおられます。

白、黒、赤とすでに外観もSIMPSON色です。偶然でしょうか?とにかくカッコいいです!

SIMPSON色にどんどん染まっていくGT-Rに大注目です!

お写真ありがとうございました!

3

2016/9/6  18:28

投稿者:カルロス・コーン
NIでなくN1なんだけどね。

2016/9/5  1:21

投稿者:saury
N1ってこれナンバーの付かない1台2千万円近くする
レーシングコンプリート仕様でしたっけ?

当然その前提として競技公認を取るための公道仕様
(バイクで言うとRC30とかVTR1000SPとかあの手のやつですね)
があるんですが、どっちの仕様だと言われても信じてしまいそう…。

シンプソンの4輪用アイテムを使うと安全性が飛躍的に
向上しますからね…。
箱車の場合はウィンドウネットと頸椎保護デバイス
(HANSとかHybrid)の他に、強制換気コネクタ付きの
ヘルメット(SIDEWINDERとかAIR INFORCERとかの類ですね)
が必須と思いますが、トップダクト仕様のタイプだと
屋根につっかえそうですよね…。

以前SHARK買った時に頂いた本国版カタログを見ると
幾つかのモデル(DIAMONDBACK、SUPER BANDIT、
CARBON DEVIL RAY等)でサイド仕様のオプションが
選択可能なようなんですが、これをNorixさんで入れて頂く場合
別途お見積もりとかで可能なんでしょうか…。

他にも本来は頭頂部にコネクタがあるタイプを
側頭部に移設出来るタイプがあったりとか…
紙カタログで見ると結構頭がこんがらがりそうです(苦笑)。

レーシングスーツやピットクルーシャツのオーダープランも
そうですが、そういう込み入った内容を全部日本語で
不安なく打ち合わせて欲しい通りの仕様が手に入る、となれば
ある部分では国内メーカーのレース用品を超える競争力を
手に入れられる可能性はあると思いますよ。

レーシングスーツのオーダーは大抵のメーカーで受けられるとして、
ヘルメットに関して「一般客がお金さえ払えば買えるオプション」が
ここまで選べるメーカーって珍しいですから。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ