2019/6/27

4気筒250cc  オートバイ
皆さん、こんにちは!荒井です^^

ブログのネタを考えて調べ物をしていたら、
ヤングマシーンさんの新刊の表紙について
ニュースが出てきました。
(英語でも記事になるくらいだから注目されているんですね!)

クリックすると元のサイズで表示します

https://www.naigai-p.co.jp/corporate/magazine/youngmachine/より引用)

バイクについて無知の私で
記事を読んでもさっぱり。

最近は250ccの2気筒が人気だが、
250ccの4気筒が復活?!

管理人に少し教えてもらいました。。
気筒数が増えるとよりスムーズに走る

とのこと。

しかし、250ccの4気筒は
1気筒当たり62.5tということですよね。
そこまで細かく分けなくてもいいのでは・・・。

とはいっても、やはり自分で乗ってみないと実感がわかないです。


そもそも気筒を気にしてバイクに乗ったことがないのでさっぱりです。
弟がニンジャを運転しているので、
次帰国した際にでも後ろに乗せてもらおう!(^^)!

4

2019/7/3  2:36

投稿者:荒井
コメント頂きありがとうございます。
「中型免許(今の普通二輪免許)で乗れるうえに車検が無い」というのは魅力の一つですね!さらに高回転まで簡単に回るのはライダーにとっては魅力なんですね!

2019/6/30  20:31

投稿者:saury
本来は「中型免許(今の普通二輪免許)で乗れるうえに車検が無い」
っていう、日本の二輪環境ではお手頃セグメントで、
さらに車格的に小さくて軽いから男女問わずに乗れるというクラスに、
「750ccや1000ccの高級スポーツバイクと同じメカニズムを」
という勢いで始まったアイデアだったんだとは思うんですが、
その結果が仰る通りの「1気筒辺り約60cc」という
驚異的な機械部品の軽さから、
大排気量エンジンとは比較にならないくらい高回転まで
振動なく回るという独特の魅力が開花しちゃったクラスですね。

例えば4輪の4気筒エンジンの車でも、
2000ccとか2500ccとかの大排気量エンジンの車と比べると
1300ccとかの小さい排気量の方が、特別な仕掛けをしなくても
エンジン自体の振動は少なかったり、高回転まで軽々回ったり
そういう部分では楽しかったりするというのに近いです。

2019/6/29  2:10

投稿者:荒井
V3様、コメント頂きありがとうございます。
待ちに待ったエンジンだとは知らずに失礼いたしました。

フェラーリのようなエンジン音がでるとはすごいですね!!

2019/6/28  7:16

投稿者:v3
Kawasakiの250cc4気筒は待ちに待ったエンジンです。
4気筒で2万回転‼
フェラーリの様な音で走れたら
やられちゃいます。
期待と希望ですがね…😅

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ