2019/7/3

60th anniversary tees  アパレル
皆さん、こんにちは!荒井です^^


本日はアメリカシンプソンからのお知らせです!
皆さんもご存じの通り、シンプソンは今年で60周年(^^♪

それを記念して、Tシャツが作られました!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在、アメリカシンプソンにオーダー中ですが、
準備出来次第、日本に配送致します!(^^)!

準備ができましたら、以下のオンラインサイトに掲載しますので
http://simpsonhelmet-officialonlineshop.traderhouse.jp/


是非、皆さんご購入下さい!!

シンプソンが60周年なのは「今だけ!!」です
数も少ししかないので、ご希望の方は今後のブログもチェックして下さい( *´艸`)

9

2019/7/6  2:52

投稿者:荒井
Saury様、コメント頂きありがとうございます。
レース用のヘルメットが乗馬帽や飛行帽だったなんて驚きです。
今考えると本当に危険ですね。過去のブログでシンプソン創業者の考え方などを読み、
ヘルメットを製造してすごい!と思いました。
日本と本場アメリカの歴史は違うんだなと実感しました。

2019/7/5  20:53

投稿者:saury
「60年前のシンプソン」が品揃え的にはどれくらいあったんだろう、
ってのは気になるところですが、
60年前に既にモータースポーツ用品専門メーカーが存在してたことが
凄く驚くべきところですよ。

元々レース用ヘルメットは乗馬帽や飛行帽の使い回しだったとは
聞いたことがあって、それでは不十分だったから
世界中で改良して商品化する人達が出たとは聞いた事ありますが。
さらに日本の4輪用レーシングスーツの老舗
「THE MAN SPIRIT」は元々は作業ツナギ屋さんだったとか。

4輪自動車レースの「第1回日本グランプリ」っていうのは
鈴鹿サーキットが出来てから始まるんですけど、
この時点で日本にはまともに使えるレーシングタイヤすら無くて、
なんとか高速連続走行に耐えられる種類の高級なタイヤを見繕って
それで走ってたっていうような水準なんですけど、
アメリカではそのさらに数年は前にビル・シンプソンが
既に店出してたっていうのが
歴史の違いっていうか、もう既にレース人口とか市場とか
そういうレベルで確立されてたんですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ