2020/3/31

自転車との新しいコミュニケーション?  

おはようございますっ 道子です!

「エイプリルフール」ですね、
今日のブログで紹介する内容も、いつも通り嘘は一切ないので安心してください♪笑

ところで、
皆さんは、自転車とのコミュニケーションうまく取れていますか??

今日は、
軽車両として、道路を一緒に利用する「自転車」の
面白い「試作品アイテム」を見つけまして、

近い将来、運転中の皆様の目の前に現れる日があるかもしれないと思い、
こちらで一緒に共有しておきたいと思います♪

こちらです!!

クリックすると元のサイズで表示します

その名も、そのまま、「EMOJI JACKET 絵文字ジャケット」

自動車メーカーのFord フォードが開発を進めているアイテムです。

背中に大きな電光掲示板を装着しており、
後続車に絵文字を使って、意思表示ができるようになっています。

自転車に装着したコントローラーから、
簡単に絵文字を選択できるようになっていて、

絵文字の種類は、
今のところ、
基本的な方向を伝える左右の矢印、危険を知らせる!マークなど、6種類ほど。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ウィンカーがない自転車にとっては、
明確に後続車に意思表示できますし、

夜間も見やすいサインができて、

これは、他の車両とのコミュニケーションが改善できそうですね。

皆さんにとって、このジャケットへの期待はどうでしょうか?

私は、

バイクライダーの皆様にも、
より快適な運転環境を与えてくれるアイテムだと信じて、
今後も注目していきたいと思います☆

4月に入って、
春の時期真っただ中ですが、防寒は忘れないように、
暖かくしてお過ごしください♪
5

2020/4/2  3:30

投稿者:Michiko
meteorwurm様

コメントありがとうございます!
おっしゃる通り、自動車と自転車との衝突事故を防ぐためのアイテムとして、開発したようです。
オートバイ用に開発されることがあれば、確かに、更に安全面を強化しないとですね。

(⚪□⚪)!!スキーで使うの面白そうですね、、、。

2020/4/1  9:08

投稿者:meteorwurm
絵文字ジャケットですか。
制動灯や方向指示器が付いていない自転車には有効でしょうね。
フォードが開発しているという事は自動車との交通状況を円滑にして事故を未然に防ぐ手段を模索しているのでしょうか。
とりあえずオートバイには指定灯火器類がそなわっているので今すぐに必要ではないのと、各灯火に発光色の規定があるので一定以上のカンデラ数の場合保安基準に抵触する可能性もあります。反射材程度であれば問題なさそうですが。
あとは転倒時に部品が自分に食い込まないか それが心配ですね。脊髄プロテクターの外側に発光部や配線を配策すればよいのでしょうが。自転車程度の速度域ではいいのですが、原動機の付いた二輪車で転倒するとちょっと怖いかもしれません。

このジャケット スキー場で使うと面白そうですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ