音楽、漫画、居酒屋めぐりなどの活動を行っている、パリッコのブログです。

ホームページ「羅刹レコーズ」:http://www.lbt-web.com/paricco/    所属レーベル「LBT」:http://www.lbt-web.com/
漫画「クラブDJストーム」:http://djstorm.blog49.fc2.com/    居酒屋連載「大衆酒場ベスト1000」:http://pico2culture.jp/index.html

※載ってる写真でなんかまずいのとかあったら連絡ください。消します。

酔作テレビについて

2012/4/24 | 投稿者: パリッコ

「酔作(よさく)テレビ」というインターネットプログラムがあって、最近ハマってるのでご紹介します。


コンセプトが“二人の酔っ払いと一人のシラフがお送りするハートフル酔いどれバラエティー”ということで、クルーの地元山形を舞台に、いい感じの居酒屋に潜入してはその様子をドキュメント番組として編集し、無料公開しているというありがたい番組です。

実は先日この酔作テレビから、以前僕がネットで公開していた曲「杉切り節」を番組挿入歌に使わせて欲しいというありがたいご連絡を頂きました。
完全著作権フリーと明記していたのでわざわざ承諾などいらないのですが律儀なことで、もちろん大喜びでOKしました。

この「杉切り節」、「与作」のメロディーをフィーチャリングしていて酔作テレビにもぴったりだろうということで起用して頂いたんですが、自分で言うのもなんだけどかなりトリッキーな作りというか、数ある僕の曲の中でもイオさんが「気持ち悪いしわけわかんないから好き」っていうくらい、まぁ変な曲で、そこにピンポイントで焦点を当てて来てもらえるなんてその感覚、信用しないわけにはいきません。


元々存在は知っていて、何かの機会に動画を見たりしてたんですが、今回改めて1話から見てみて、過去の自分の意識の低さに呆れ果てました。
というのも、めっちゃくちゃおもしろい!

メインパーソナリティーのGJ.BEEササキ氏のフラットな雰囲気。
ディレクターのNonsenceイザワ氏の的確な編集。
酒場には主に車で繰り出すんですが、きちんと運転担当“1人のシラフ”ことnarihiko氏が存在するこの気遣い。

なにしろメンバーのみなさんのほのぼのとしたやりとりが楽しく、行く酒場はどこも本当にたまんない感じで、最近はわざわざノートパソコンをテレビに繋ぐケーブルをこれのために買って来て、飲みながら見るのが趣味みたいになってます。

男同士で酒場でダラダラ飲んでる時の、あの独特の空気感っていうんでしょうか。
もう心底どうでもいい、実のないことがやたらと面白くなってくる感じ。
それが自己満足に止まらず、みなさんのキャラクターや編集力の高さによってエンターテイメントになってるのがすごいです。

僕の曲を使ってもらってるのが、最新の第11話。



間違われてしまいそうですが、オープニングテーマではなく、オープニングが終わって車で酒場に向かうシーンのバックで流れているのが「杉切り節」です。

第11話は現在その3まで公開されていますが、その2からのドリンクテーリングというイベントの様子がまたたまんなすぎる!






花小路という飲食街を舞台にスナックしばりでハシゴしていくんですけど、なにこの素敵すぎる雰囲気!
自分もそこにいるような錯覚に陥れる映像もマジ最高です。


ってわけで、お好きな方は是非!
http://www.gogo439.net/


僕はもうバックナンバーを全部見終わってしまいそうで、今はそうなってしまうのがただ恐ろしいです。
13



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ