「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/2/15

ぽぽスク大ピンチ!  日々の活動報告

 14日はぽぽスクの大学習会でした。朝10時から夕方17時までの丸一日、しっかり頭を働かせなければと、風邪気味の体調を気遣いながらだったのでぎりぎりにぽぽスクに到着。と、なんかみんなばたばたと慌ただしい。何だろうと入っていくと、Oさんがキャスター付きのイスに乗せられて、みんなから支えられながら押してもらっている。「??どうしたの??」と聞くと、「ぎっくり腰!」とのこと。ちょっと物を持ち上げようとしたところ、ぎくっときたらしい。やはり過労が遠因にあるだろうと思います。
 この日はみんな動きが取れないので、学習している間、痛いのをこらえて隣室で寝てもらっていました。でも横になっていてもいたんで、お昼ご飯も食べられない状態。見ていられない程気の毒な様子でした。終わってからUさんお医者さんへが車で走りました。
 今週は2回も面談が入っており、それ以外に開所式の雑務がいっぱい。体がいくつあっても足りないという日程です。とりあえず、私たちでカバーできるところはする体制を考えましたが、みんな手いっぱいで、第2、第3のOさんを出さないように配慮しなければなりません。
 そこで、お願いです。先日記念品づくりをしましたが、まだまだかかりそうで、17日の午前中にもう一度作業日を設けました。が、この日は来られる人が少なくて、Oさんと頑張らねばと言っていたところでした。もし、時間がありましたらお手伝い下されば有難いです。
 
 学習会は15人の参加で熱い討論が続き、ぽぽスクの夢と同時に、抱えている困難な状況も出され、身の引き締まる思いを改めてしました。でも、他の学ぶ作業所にはない特徴もみんなで確認され、切り開いていくワクワク感がさらにたかまったのも確かです。
 さらにうれしかったのは、コスモス法人からや、京都で同じ学ぶ作業所の立ち上げを4月に予定している方などの参加があり、話しの中味が広がったことです。福祉の現場との話も大切だなと思いました。御祝いも頂いたので、うれしさもひとしおでした。有り難うございます。
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ