「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/3/7

Nくん来たる  

「おはようございます」と笑顔でぽぽスクの扉を開けたNくんの目は真っ赤。「昨日は寝れた?」と聞くと「全然寝れなかった」と、1時間ぐらいしか眠れなかったそうです。期待と不安でいっぱいだったのでしょうか。
一方こちらもNくんが来ることになり、前日から「あの時(青年のつどい)ドラムやってた人やろ」と期待と緊張でいっぱいのHくん。Nくんがロッカー前で荷物の整理をしている間に、こんな風に声をかけよう、と入念にイメージトレーニングです。

ドキドキどきどき。

さぁいよいよご対面!
お互い緊張していましたが、自分の下の名前はこうこうこういう理由で名づけられたんだ、君は?というHくんの問いかけからNくん、そしてスタッフの名前の由来、はては漢字のことまで話がふくらみ一気に打ち解けることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

話が尽きず、延長になった朝のミーティングの後は、一昨日ニスぬりをしたラックにサンドペーパーをかけ、2度目のニスぬりをしました。
クリックすると元のサイズで表示します
「ここはこういう風にしたらいいよ」「順番交代で塗ろうか」とお兄さん的にふるまうHくん。
さすが2回目、手つきも慣れてきています。

午後からは表現の授業。
クリックすると元のサイズで表示します
“表現”って何?
音楽とか絵だけじゃなく、書道とか写真とか、劇とかダンスとか、いろいろあるよねー。スポーツも表現の一つだよねー、と話が深まります。

最後はHくんがホワイトボードに歌詞を書き、一青窈の「ハナミズキ」をみんなで歌って締めました。


終わりのミーティングでは「しゃべりあかした」と振り返ったNくん、Hくんは一日中ダジャレが飛び交い絶好調で、二人ともとっても生き生きしていました。
やっぱり友だちがいると全然違います。


明日はHoくんが初通所。明日もドキドキです!
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ