「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/10/25

ぽぽスク祭報告その6 お母さんが来るから…Nさんの思い  行事案内・報告

 ぽぽスク祭が近づいてくるとNさんがこんなことを言い出しました。
「ぽぽスク祭、いやや。けえへん…」
「なんで?お祭り楽しいで」
「だってお母さんが来るもん」
「えー、お母さんが来てくれたらうれしいやろ」とちょっとビックリ。でも??
「お母さん来てほしくないから、20日いややねん。見られるの、いややもん」
と言いつつ、その表情を見ると、にこにこでした。なるほど、とっても来てくれるのがうれしいんやな、とわかりました。でも、うれしいとは言えないお年頃のよう。
「お母さんはNさんがとっても大事やから忙しくても来てくれるんやで」と言いましたが、その後もなんどか「いやや」を繰り返していました。にこにこ顔で。
 そして、お祭りの準備をせっせとしていました。喫茶で出す箸袋を折り紙で可愛く作ってくれました。昼休みなど、時間を見つけて一人でもやっていました。
 役割は喫茶のウエイトレスを希望していました。少し役割分担でもめましたが、話し合いの後、そんなことを言ってはいけないと思ったようで、「他の人とも協力してやっていくわ」と決意を語っていました。前日の夕方、スタッフのチラシ配りにも少し付き合ってくれて、みんなと仲良く帰りました。
 当日の朝一番に「緊張して昨日寝られへんかった」と言いに来ました。責任をもって仕事をやることの大切さを感じているようでした。
 お祭りが終わって片付けをしていると、「Hさん、今日はゆっくり寝てな」と優しい言葉を掛けてくれます。なんか、少しずつ大人になっていってる感じです。穏やかな表情がとても愛らしかったです。
9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ