「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/10/30

ぽぽスク祭報告その7 疲れが出て休んでしまったK君  行事案内・報告

 体調が悪くて少し間が開いてしまいましたが、学生たちの様子の続きをお知らせします。
 K君はなかなか自分の力を発揮する場を見つけにくい学生でした。今回も何を受け持つか、役割分担を決めるときも迷っていました。自分が何に向いているか、自分は何をしたいのか、よくわからないからです。
 三日前に綿菓子の機械が到着したとき、みんなで練習をしました。これが結構難しい。所長のUさんも四苦八苦です。ところがK君はどういう訳かとてもうまい。なんかコツをつかんだかのようで、うまくできるまでにどれだけ材料をつぎ込むだろうと心配していましたが、案ずるよりは産むが易しです。
 というわけで、綿菓子の係りになりました。当日もとても自信を持ってやっていました。相棒のA君もなかなか上手にできるようになっていたし、二人で仲良く力を合わせて綿菓子屋さんをやっている姿はとても気持ちの良い物でした。
 祭が終わって後片付けになりました。テントをたたんだり、机の片付けや、横断幕の取り外しなど、大きい仕事から小さい仕事まで次から次へとスタッフに混じって最後までやってくれました。「もういいよ。しんどいやろう」と声をかけても、「いえいえ大丈夫です」と頑張ります。自分から「他にすることは無いですか」と聞いてきたりします。その働きぶりは本当に信頼の置ける立派な者でした。
 自分に自信の持てる仕事をしっかりやれたという満足感があれば、こんなにまで生き生きと主体的に動けるんだなあ、とスタッフみんなで感心していました。いつもの、迷いながらやっている姿とは別人のようでしたから。
 でも、心配したとおり疲れがなかなかとれなくて、翌週は休みが多くなってしまったのでした。ご苦労様!
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ