「ぽぽろスクエア」は堺市に隣接する松原市天美我堂にある障がい青年が通う学びの場・自立訓練事業(生活訓練)です。特定非営利活動法人大阪障害者センターが堺(松原)に「学ぶ作業所」をつくる会(現在は「支える会」)と共同して建設し、2012年3月に開所しました。  「ぽぽろ」はイタリア語で「人々」、「スクエア」(SQUARE)は英語で「広場」の意味があります。  ここでは、日常生活・社会生活能力を身につけるとともに、大人になるための文化や地域社会・他の人との関わり方の経験を積みます。そして、何事にも自信を持ち、意欲的・積極的に取り組める「自立した社会人」をめざします。  それらの思いを表わす言葉の頭文字を集めてSQUARE(スクエア)とし、“多くの人が自由に集う広場”にしたいと考えています。  S…study(スタディ・学ぶ)  Q…quintet(クインテット・五重奏)  U…universal(ユニバーサル・万人の・みんなの)  A…accord(アコード・調和する)  R…relax(リラックス・くつろぐ)  E…enjoy(エンジョイ・楽しむ)  私たちは高校や特別支援学校高等部を卒業しても「もっとゆっくり、じっくり学びたい」という障がいのある方や家族のねがいは当然であり、権利として保障されるべきであると考えます。特に青年期は「子どもから大人へ」「学校から社会へ」と移行する大事な時期であり、障がいがあるからこそ時間をかけたていねいな移行支援教育が必要です。「学びの場・ぽぽろスクエア」のプログラムはこの移行支援教育と重なるものがあると考えています。  私たちは特別支援学校高等部に希望すれば誰でも通える専攻科(2年間)の設置を求めて卒後の学ぶ場・専攻科を考える集いを積み上げてきました。「つどい」は大阪障害者センターの子育て・教育部門である大阪発達支援センターぽぽろが事務局を担ってきました。現在は「卒後の学びの場・専攻科を実現する会」として事務局をぽぽろスクエアに置き、大阪府内に運動を広げるセンターとしてとりくんでいます。  このブログは「ぽぽろスクエア」の運営・内容の充実を支え、卒後の学びの場と専攻科の実現をねがって活動する「支える会」(『ぽぽろスクエア』を支える会)事務局(事務局はぽぽろスクエアに置いています)による情報発信・交流の広場です。

2012/11/1

ぽぽスク祭報告その9 役割を意識して頑張ったA君  行事案内・報告

 いつもスタッフの話を真剣に聞いているA君。スタッフの言葉にすぐ反応してくれます。ぽぽスク祭の説明を初めてしたときもしっかり聞いてくれていました。説明が終わったら、次は自分がどんな役割をしたいか…と話が進みます。
 お祭りと聞いてみんなが連想したのはやはり綿菓子でしたが、A君は一番に自分のしたい役割を言いました。もちろん「綿菓子をやりたい!」と。それが10月2日のこと。それから綿菓子の機械が届くまで約2週間ありましたが、A君は「綿菓子練習する」と手をくるくる回して何度も言っていました。
 泉北作業所からUさんが綿菓子を借りてきてくれたのは16日。初め動かなかったのを必死で調整して、17日にはみんなで綿菓子を作ってみました。待ちかねたA君もにこにこしながら練習をしました。初めは難しかったのですがだんだん上手にできるようになり、とても満足した表情と、安心した雰囲気でした。なかなか機械が来なかったのできっと気をもんでいたのでしょうね。ほっとしたことと思います。
 当日はK君と肩を並べて綿菓子販売に精を出してくれました。終わってから売れた数を言いながら、今度は、「ちゃんとやったよ」という表情に溢れていました。
 経済の時間に売り上げの計算をするとき、いつもよりテキパキと計算機に向かっています。そしてプリントに丁寧に計算した額を書き込んでいました。
 祭当日は、受付がチケットを販売していたので、実際のお金のやりとりはありませんでした。それでも少しイメージができたのではないかと思います。次回の機会にはお金のやりとりもしながら販売ができればいっそうイメージができることでしょう。楽しそうなA君の笑顔が良かったです。


クリックすると元のサイズで表示します
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ